明日天気になあれ

バラ、オールドローズの魅力に惹かれ、釣り、自分でつくった毛ばりでヤマメと遊ぶ。 子供の頃、農作業の手伝いが大嫌いだった。今は汗をかくことに幸せを感じる。

プロフィール

Ark

Author:Ark
宮城県南より季節をお届けします。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

pictlayer

野辺地防雪原林

日本鉄道株式会社により植林されたわが国最初の鉄道防雪林です。
冬季の強風多雪の地域は地吹雪や吹き溜まりが多く、列車の運行の妨げになっていました。
防雪対策として、日本の「公園の父」と言われる本多静六林学博士の提案により、杉の木が植林されました。

青い森鉄道、野辺地駅
20170325-1
20170325-2

吹雪防止林として線路を守っただけでなく、
成長した杉の木は製材され駅舎建築材として利用したり販売し利益を上げることもありました。
20170325-3
20170325-4

平成16年度選奨土木遺産認定
場所:東北本線、野辺地駅
規模:防護延長400m 奥行き50m
建設念:明治26年
出展:東日本旅客鉄道株式会社、土木学会

comments(2)|trackback(-)|季節を感じる 春|2017-03-25_22:30|page top

コメントの投稿

非公開コメント

No title
野辺地とはまた遠出しましたね。防雪林の発祥の地だったんですね。なるほどやはり青森と思いました。
nitta245さんへ
豪雪地域ならではの発想で、ほかにも大小の防雪林があったようです。
所属する機関誌の投稿のため、土木学会が選奨する土木遺産を取材しています。
仕事のついでに立ち寄り、撮影するのは楽しいですが、プレッシャーがかかって・・・きついです~