明日天気になあれ

バラ、オールドローズの魅力に惹かれ、釣り、自分でつくった毛ばりでヤマメと遊ぶ。 子供の頃、農作業の手伝いが大嫌いだった。今は汗をかくことに幸せを感じる。

プロフィール

Ark

Author:Ark
宮城県南より季節をお届けします。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

pictlayer

最上川橋梁は遠く愛知県からやって来た

この双子の橋は明治20年に旧国鉄東海道本線の揖斐川・長良川・木曽川の大河川用に設計・製作された橋で、初代の木曽川橋梁に使用されていたものといわれています。当時最長の径間200フィートの構桁を持つ錬鉄製ダブルワーレントラス橋ですが、やがて東海道線での役割を終えた後、2橋に改造され最上川橋梁として現在に至ります。

JR左沢線羽前長崎最上川鉄橋 大正10年転用(4連目~8連目) 
 1連目~3連目(羽前長崎駅側) プラットトレス橋3連100ftで、九州から移設
 4連目~8連目(南寒河江駅側) ダブルワーレントラス橋5連156ftで、東海道線木曽川橋梁より移設。
20170319-123
時代の変遷とともに機関車の重量が増し橋梁の強度不足となったため、第二の人生へ。
国内最古の現役鉄道橋で歴史的に貴重な土木遺産です。
20170319-2
20170319-3
comments(0)|trackback(-)|季節を感じる 春|2017-03-19_00:10|page top

コメントの投稿

非公開コメント