明日天気になあれ

2020 / 07
06≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫08

カーティス・クリーク

2014/04/27(Sun) 17:23
今年初のサクラマス狙いです。
農作業と時期が重なりここ数年ほとんど出来ていませんでした。今日は思い切っての釣行でしたが、朝3時起床はとても目覚めが良くて、間もなく新月を迎える下弦の月と金星を眺め快適なドライブとなりました。

大分ブランクがあって流れがすっかり変化し、ポイントを探す一日となってしまいました。なかなか釣れないサクラマスですから暢気の攻めなければなりません。まぁしょうがないですね。またのチャレンジです。

20140427-1

カメラと釣り竿を一緒に持つと集中力が鈍るので、遠く雪を抱く月山とやっと芽吹いた木の写真のみです。


僕のバイブルである1979年発行の「フライフィッシング教書」より

『カーティス・クリークは文字通りには ”カーティス(男の子の名前)の川”ということ。そして、これはいつもこっそりと釣りに行く川という意味。カーティス・クリーク、それは、冷たい流れにマスが泳ぐ、喜びに満ちたどこまでもつづく川の広がり・・・ 、誰にも教えない秘密の川、心の川。』
Fishing コメント:8 トラックバック:-
コメント:
--カーティスクリーク--

最近のニュースで食品表示法の改正で、鮭弁当はニジマス
を使用したものは認めるとか認めないとか騒いでましたが、
認めるようになったようですね。
ニジマスが海で育ったものがサーモントラウトというそうで
初めて知りました。
カーティスクリークというのは、そういう意味ですか。これも
初めて知りました。勉強になります。
by: 西恋おじん * 2014/04/28 11:28 * URL [ 編集] | page top↑
--西恋おじんさんへ : カーティスクリーク--

おはようございます。

はい、本来渓流に棲む魚は生まれた翌春に川を下り海を目指します。
広い海と豊富な餌を食べ大きく成長し、やがて生まれ故郷に戻り産卵をする。
なじみの魚として鮭がそうです。

憧れの魚、ヤマメはサクラマス、アマゴはサツキマス、イワナはアメマス、ニジマスはスチールヘッド。
降海して大きく成長すると呼び名が変わります。

で、サーモントラウトはニジマスだと思います。たぶん養殖したニジマスをそう呼んでいるのでは?
だから生息地はスーパマーケットですね。
by: オガル^^ * 2014/04/29 06:44 * URL [ 編集] | page top↑
----

お久しぶりですっ!ヾ(* ̄▽ ̄*)ノ

好い季節になりましたね。
うめじろう、昨年は結局一度も竿を振らなかったので、今年こそは・・・
と思っています。

・・・あ、でもテンカラの仕掛けが無いや。。。。(p_q、)
by: うめじろう * 2014/04/29 15:42 * URL [ 編集] | page top↑
--うめじろうさんへ--

こんばんは~

四季の中で一番好きな季節です。そしてとても多忙な時期です。農作業と釣りとバラの世話とブログの更新・・・今年は釣りに集中しようと決めています。若葉が眩しく、夢中にしてくれますね。
by: オガル^^ * 2014/04/29 22:57 * URL [ 編集] | page top↑
----

こんにちは♪
本当に良い季節になりましたね。僕もこの時期が一番好きです。今後のサクラマスとの距離が縮まる様子を楽しみにしております。
by: casssio * 2014/05/06 11:30 * URL [ 編集] | page top↑
--casssioさんへ--

こんばんは~  コメントありがとうございます。GW終わってしまいましたが、農作業とロッド&カメラ持参で川をのぞきに行くことが出来ていつもと変わらない休みでした。
大好きな新緑の季節、時間をつくりFishingに精進したいです。
by: オガル^^ * 2014/05/06 20:23 * URL [ 編集] | page top↑
----

リンクの件ありがとうございます。

ご紹介の本は我が大学の釣り倶楽部渓流パートのバイブルでした。田淵さんの影響もあって東大鳥川に足繁く通っていた頃が懐かしいです(^^;)
by: casssio * 2014/05/06 21:17 * URL [ 編集] | page top↑
--casssioさんへ--

いいえ、こちらこそ。

この時期カーティス・クリークと呪文のように呟きます。
久しぶりに釣りの話をしたくなりました。思えば近くにイワナやヤマメが生息するのか?それとダイワのカタログにルアーのタックルが載っていて、”なんだこのリール1:3.3?最大巻く力(名称忘れた)こんだけ?でも格好いい~そしてやってみたい。でも・・・当時仙台市内の釣具屋は洋風釣り道具を扱う店はなく・・・苦労の末、行き当たったバイブルです。遠く昔の話になってしまいました。

話でしか聞いていませんが、タキタロウ伝説の大鳥池は神秘的ですね。でも下流のサクラが恋しいです。
by: オガル^^ * 2014/05/06 22:12 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Next Home  Prev

プロフィール

Ark

Author:Ark
宮城県南より季節をお届けします。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

リンク

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

pictlayer