明日天気になあれ

バラ、オールドローズの魅力に惹かれ、釣り、自分でつくった毛ばりでヤマメと遊ぶ。 子供の頃、農作業の手伝いが大嫌いだった。今は汗をかくことに幸せを感じる。

プロフィール

Ark

Author:Ark
実家の裏山で福寿草の黄色い花が咲いていました。
昨年、日当たりの良い所に移植したことを思い出しました。

宮城県南より季節をお届けします。

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

pictlayer

稲わらロール

20151028-1
稲刈りを終えた田んぼには、こんなロールケーキのような直径1mはあるでしょうか、藁のケーキがあちらことらに現れます。
牛の飼料にするのでしょう、冬支度を急いでいるようです。
そう言えば蔵王も初雪を記録し、白石川には白鳥が飛来しました。今年も遊んでもらいます。

comments(2)|trackback(-)|季節を感じる 秋|2015-10-28_00:06|page top

十三夜月

北風が吹き荒れる寒い日。
6羽の白鳥がえさをついばんでいました。
いよいよ季節は秋から冬へと変わるんですね。

今夜の月は、中秋の名月から約1か月後に巡ってくる十三夜。
十五夜に次いで美しい月だといわれ昔から大切にされていたそうです。
20151025-1
20151025-2
家路に急ぐのだろうか、ヘッドライトが東北自動車道を照らしていました。

comments(0)|trackback(-)|季節を感じる 秋|2015-10-25_19:37|page top

磐梯吾妻スカイライン標高1,622m

先日の続きです。
青空のもとで紅葉ドライブと洒落こんだものの、薄雲が邪魔して欲求不満の一日でした。
この道路の最高地点、標高1,622mの写真を掲載します。

20151021-3
20151021-4
20151021-1
20151021-2

comments(0)|trackback(-)|季節を感じる 秋|2015-10-21_00:02|page top

ススキづくし

ホームグラウンドの川岸ではススキの穂が風に揺れていました。
若い穂やよれよれの穂が逆光に輝いていました。

今朝、懐かしい鳴き声がしたので急ぎ外に出てみると、3羽の白鳥が東の方へ飛んでいきました。
いよいよ季節は秋から冬へと移り変わるのでしょうね

20151017-1
20151017-2

comments(0)|trackback(-)|季節を感じる 秋|2015-10-17_20:03|page top

感動ありがとう、日本ラグビー

20151014-1
ラグビー日本、最高!感動ありがとう。
予選リーグ敗退が決定した最終戦、アメリカ戦。
カッコいい日本チームはこの戦が最後と思い、真夜中に目が覚めました。
試合開始まであと50分、ふと空を見上げるとオリオン座と冬の大三角が輝いていました。
もう秋から冬に季節が変わるのかと思いつつ、有終の美を飾ってほしいと祈りました。

comments(0)|trackback(-)|季節を感じる 秋|2015-10-14_00:12|page top

紅葉 磐梯吾妻スカイライン

福島県磐梯吾妻スカイラインをドライブしてきました。
天気は朝のうち晴れていましたが、下り坂なのか薄雲が邪魔し、安達太良山や猪苗代湖が見えるビューポイント
では満足に楽しむことはできませんでした。
もう2時間粘ってると言う爺ちゃん、良い写真撮れましたか?
20151010-1
20151010-2
20151010-3

comments(0)|trackback(-)|季節を感じる 秋|2015-10-10_18:50|page top

ソバ畑の朝

釣りに向かった朝、ちょうど日の出の時間でした。
朝もやが晴れるにつれ、ソバ畑が広がりました。
山形県最上町-9月下旬撮影
20151007-1

comments(0)|trackback(-)|季節を感じる 秋|2015-10-07_00:05|page top

山形蔵王ドッコ沼の紅葉

紅葉の見ごろですよね。天気も良さそうなので蔵王にドライブに出かけました。
蔵王御釜に到着し車から降りると、待ち受けていたのは気温5度と強風の出迎え。
ジャンパーと手袋を持参したものの、ピクニックスタイルでは耐えられず、向かい風に逆らってお釜を拝みさっさと退散しました。

吹きさらしの頂上を後に、今日の目的地、蔵王温泉スキー場へ向かいました。
中央ロープウェイを利用しゲレンデを下ると、江戸時代の火山活動で出来たエメラルドグリーンに輝くはずの沼、ドッコ沼がありました。ドッコ沼、変な名前ですね。沼に住んでいた竜を静めるため覚山法師が呪文を唱えながら、金剛杵の独鈷(ドッコ)を投げいれたことから、この沼を独鈷沼と呼び、竜を水神様として祀った。と案内板がありました。
20151004-1
20151004-2
20151004-3

うつぼ沼へ立ち寄りましたが、えっ、水がない?笹に囲まれてて・・・まぁ、綺麗な紅葉を見ることができたし。
20151004-4
20151004-5

急なゲレンデを息を切らして上り、振り返るとすっかり紅葉した山々が広がりました。
いい汗かいたひと時でした。
20151004-6
20151004-7

comments(7)|trackback(-)|季節を感じる 秋|2015-10-04_18:53|page top