明日天気になあれ

バラ、オールドローズの魅力に惹かれ、釣り、自分でつくった毛ばりでヤマメと遊ぶ。 子供の頃、農作業の手伝いが大嫌いだった。今は汗をかくことに幸せを感じる。

プロフィール

Ark

Author:Ark
宮城県南より季節をお届けします。

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

pictlayer

ブラッと桧原湖ドライブ

晴天だった10月26日。久しぶりに桧原湖へGo~

雲一つなく、鏡のような湖面に浮かぶバスボート。
裏磐梯を眺め、マイボートを走らせる格好いい釣りにはまってしまいそうです。

20141029-1

20141029-2

磐梯吾妻レークラインから磐梯山と秋元湖を見ることができます。
20141029-3

紅葉は残念ながら終盤のようで、燃えるような山々を見ることはできませんでした。
でも、車の渋滞もなくストレスのない運転ができて総合評価満点のドライブでした。タイミングをずらすことも有りですね。
20141029-4

comments(6)|trackback(-)|季節を感じる 秋|2014-10-29_06:39|page top

防潮堤とオリオン座

オリオン座が見える時期になりました。

まだまだ秋を楽しまなければなりませんが、冬を代表する星座、オリオン座と冬の大三角を観察できました。

TP7.2の高さで建設された防潮堤は、守護神として我々を日夜守り続けていました。

20141025-1

comments(0)|trackback(-)|がんばろう!東北|2014-10-25_01:27|page top

月山道は紅葉の見頃です


昨日仕事で月山道を通りましたが、生憎の雨と霧のため写真を撮ることは出来ませんでした。
緑の葉っぱと黄色や赤、茶色の色とりどりの木々を見ることができ、週末には間違いなく紅葉の見頃でしょう。
天気が良ければ自動車道ではなく、一般国道112号を窓全開で走ってみてはいかがでしょうか。ちょっと寒くとも草木の香りを感じるドライブも楽しいですよ~

掲載写真は2週間前の志津温泉五色沼と、いち早く色づいたおませちゃんです。
20141022-1
20141022-3

20141022-2

comments(0)|trackback(-)|季節を感じる 秋|2014-10-22_00:10|page top

澄川スキー場は冬支度

やはり蔵王山頂の紅葉は終わっていました。
お釜を見たいと車を走らせたのですが、あえなく意気消沈し途中でUターンしてしまいました。このまま帰りたくないので、立ち寄ったところが海抜約1,200m澄川スキー場ゲレンデです。
管理用道路が整備され、リフトには椅子が装着されていました。

季節は秋から冬に変わろうとしています。そう言えば、十数羽の白鳥のV字飛行を確認しました。

20141018-1

20141018-2

不動滝付近はちょっと早いようですね。
20141018-3

comments(3)|trackback(-)|季節を感じる 秋|2014-10-18_19:01|page top

ナゾの花はツリガネニンジン?

休日は助手席にカメラを乗せて当てもなく走ることが多い。

この日はとてもうれしい日でした。
なぜかって、息を切らして小高い山を登ったら、蔵王連邦が目に入り、田んぼや畑、集落が箱庭のように見えました。
それも四方がすっかり見渡せるではありませんか。夜空の撮影にはうってつけかもしれない。
こんな場所を探していました。

20141015-1

そしてもう一つ。
調べたらツリガネニンジンと言う花なのでしょうか不思議な花をおかしく撮せました。

20141015-2

20141015-3

後で調べたら、ここは手倉森山展望台で、ちゃんとした展望台でした~

comments(2)|trackback(-)|季節を感じる 秋|2014-10-15_00:02|page top

台風一過の青い空

台風18号が日本列島に猛威をふるって立ち去りました。
そしてまた台風19号が日本列島を通過しようとしています。被害がないことをお祈りします。またくれぐれもご注意を。


ちょうど宮城県北方面の仕事があって、伊豆沼の様子を”サクッと”調査したレポートです。(通り道です~)

まさに台風一過ってこんなイメージでしょうか。思わず車を止めてしまいました。
20141011-1

20141011-2

渡り鳥で有名な伊豆沼です。
蓮の葉は存在感をアピールし、上空ではマガン(?)の鳴き声が聞こえてきます。広角レンズなので詳細は不明ですが、小さな群れが飛んで来ました。
10/10の河北新聞(東北ではメジャーな新聞)ではコハクチョウの飛来を確認した記事。いよいよ待ちに待った白鳥と楽しむ季節が来ましたね。
20141011-3

雲間の黒い点は一体、何者?
正体は後日調査し、ご披露します~
20141011-4

comments(8)|trackback(-)|季節を感じる 秋|2014-10-11_00:12|page top

青葉城から見えたものは

皆既月食の撮影にチャレンジしましたが結果は・・・腕も、体も寒さでブレブレ~ブルブルでした。

秋の夜は更けて・・・
ここは仙台中心市街地を一望できる青葉城址です。ずうっと遡ること1600年。江戸時代の産声が聞こえる頃、伊達政宗候が築城した青葉城を背にしています。

観光名所として有名な場所から十五夜を撮りたいと計画していましたが・・・皆既月食だったんです。
天体には興味ないのですが、ノー残業デーを有効活用しパチリしました。

政宗候は天守閣から月の欠ける姿を見て何と思ったのでしょうか。「#$%&☆△○・・・」妄想もまた楽しいかな。
晩酌も良いけれど、たまには秋の夜長を夜景や星座を探すのもまた一考かと思いますが、いかがですか?

20141008-1
皆既食最大の19:54まで15分間隔で撮りましたが、リモートコードを忘れてしまい準備不足に反省しきりでした。

comments(2)|trackback(-)|季節を感じる 秋|2014-10-08_23:38|page top

蔵王の奇木

今回は蔵王の奇木?ちょっと大げさですが不思議な形をしたアオモリトドマツを紹介します。
厳しい気象条件のためでしょうか、全員が風下に枝を延ばしています。冬は樹氷が有名ですね。
辺りは笹とシャクナゲやドウダンなどが四季を楽しませる背丈ほどの木々に囲こまれています。
枯れても存在感をアピールする奇木は登山道のモニュメントのようで、変なものに興味を持ってしまいました。

20141004-1

20141004-2

20141004-3

今回一番気に入った眺望、杉ヶ峰から前山と遠く刈田岳の紅葉を掲載し、蔵王シリーズを終わりとします。
次回はシャクナゲや芝草平のチングルマをお伝えできればと思います。
ご覧いただきありがとうございます~

20141004-6

20141004-4

20141004-5

comments(2)|trackback(-)|季節を感じる 秋|2014-10-04_19:56|page top

カゲロウの乱舞

紅葉から一変して、白石川に架かる橋詰めでは体長15mm強のカゲロウが羽化していました。

毎年、この時期決まって大量のカゲロウが街灯で乱舞します。
種の存続という自然の摂理を手持ちですが撮ってみました。

清流から渓流域の川底、石の陰でひっそり生活し、一晩という短い時間の中で伴侶を求めて一生を終えます。
翌朝、小学生たちは、「くせぇ~」と鼻を押さえ足早で通り過ぎますが、フライフィッシングを趣味としていることで、
この光景を「キモイ」とは思えないです。

20141001-1


comments(0)|trackback(-)|季節を感じる 秋|2014-10-01_00:00|page top