明日天気になあれ

2013 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

エゴノキの実

2013/08/28(Wed) 04:36
ズサの実って、つい最近まで呼んでいたのにエゴノキと言うようです。
巨木にはならないので、手を伸ばせば簡単に取ることが出来ます。

ヤマガラはこの実が大好きで、実を拾い集めるのが係でした。
子供の頃の話です。

毎年たくさんの実をつけ、秋には周りにまき散らします。
今は、誰も拾いません。
20130828-1
スポンサーサイト
季節を感じる 夏 コメント:3 トラックバック:0

まとわりつく~

2013/08/25(Sun) 04:14
暑苦しいから、まとわりつかないでよぉ~
つるがからまり、迷惑そうな道路標識をお届けします。

名前は葛、桔梗と同じ秋の七草に数えられています。
とても生命力が強く、どこにでも根を生やし、つるを伸ばす厄介者。
この植物、昔は根っこからデンプンを取ったそうです。
20130818-2

悪者扱いでは気の毒ですね。チャームポイントは紫色の花です。それと、くづ菓子の原料?
エンドウ豆の花に似て、葉っぱの陰に隠れるよう咲いていました。
20130818-3
季節を感じる 夏 コメント:8 トラックバック:0

毒を持つ花を見つけた

2013/08/21(Wed) 04:00
山を歩いて目にとまった植物、調べたら・・・


キツネノカミソリ
たくさん咲いていたのですが、どれもすっかり咲ききったようです。

ヒガンバナと同じ仲間で性質も似ている。
この時期に3~40cm位の茎の先端にオレンジ色の花を咲かせ、やがて実をつける。
らっきょう形の球根は良質のデンプンが取れるが、毒性の物質を含むので十分水で晒さなければならない。
おもしろい名前の由来は、細長い葉がカミソリに似ている。狐が生息しているところに自生している。
花の色が狐の色に似ている。葉がない状態でいきなり花がにょっきり伸びてくる姿が、キツネに化かされた。

春、葉っぱだけの時期、ノビルと間違えて誤食すると吐き気、下痢、けいれんなどの症状が現れる。
20130820-3


ヨウシュヤマゴボウ
まだ青い実で、熟すと紫色でブドウのように色づき、美味そうに見えるが。。。
物騒な植物が結構身近に自生しているようで、実が熟す前に刈り取るのが良いです。

北アメリカ原産で明治初めに渡来した帰化植物で、多年草で茎は1~2mに成長する。
根がゴボウのようで誤食すると腹痛・嘔吐・下痢を起こし、延髄に作用しけいれんを起こして死亡に至る。

20130820-2

杉山に入り込むと、少しだけ涼しさを感じます。
この日は無防備でしたので、虻や蚊が襲ってくる前に車に戻りました。
この山歩きは8/15早朝の話です。
20130817-1
季節を感じる 夏 コメント:4 トラックバック:0

朝靄の主役たち

2013/08/18(Sun) 04:32
この日ばかりはたくさんの主役のそろい踏みです。
さて、三役の入場です!

横綱は稲穂
穂が垂れ始めた田んぼはあと1ヶ月も経てば稲刈りです。
果たしてどれくらい収穫があるか楽しみです。

大関は朝焼け
久しぶりの朝焼けが涼やかで、眠気を吹き飛ばしてくれます。

関脇は太陽
朝靄の中から、今日も暑くしてやるぞと言わんばかりの勢いで昇りました。

小結は・・・いや前頭3枚目、鉄塔
今回だけは鉄塔や送電線を邪魔者扱いはしません。
写ることを許してあげましょう。

立行司は木村 庄之助?いや、朝霧
乳白色のフィルターは、涼しさを演出してくれました。


長い夏休みも今日限り、明日から仕事です。
暑さ厳しく、ワイシャツを着るのが辛いです。通勤で汗だくになるのが苦手ですが頑張らねばなりませんね。
自宅避暑、ぼや~とした夏休みは、のんびりと過ごしました。

20130823-1
8/16、早朝の写真です。

<追伸>

おかげさまで、皆様から撮影技術についてご指導下さいましてありがとうございます。
玉ボケの作り方、花火の撮影テクニック等。
そして高度なテクニックを駆使した写真を見ることで様々なことを学ばせていただきました。

夏休みの中で学んだこととして感謝します。
ありがとうございます。
季節を感じる 夏 コメント:6 トラックバック:0

ツクツクボウシが鳴けばもうすぐ夏も終わり

2013/08/16(Fri) 04:11
この季節、実家の庭には必ず青い花、桔梗が咲きます。

また子供の頃の話になりますが、お盆の墓参りに持参する花でした。
早朝にいろんな花をはさみで切り取り、新聞紙に包んで出かけました。

最近、季節に鈍感になった感があります。
近くに山に行ってみると、ミンミンゼミの鳴き声に混じって、ツクツクボウシが鳴いていました。
夏から秋へと季節が変わるシグナルに聞こえます。

とは言っても。。。猛暑がいくらでも和らいで欲しいと願いたいです。
20130816-1
季節を感じる 夏 コメント:10 トラックバック:0

暑中お見舞い申し上げます

2013/08/14(Wed) 04:00
全国的に暑い日が続いていますが、熱中症対策は万全でしょうか。

一方で、局地的な集中豪雨で被害に遭われた方へは心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復旧をお祈り申し上げます。


昨日の朝、しばらく雲に隠れていた蔵王が見えました。
靄がほど良くかかり、朝の空気が爽やかに感じました。

AM5時、金太郎が力強く北を目指して走っていきました。
20130814-1
季節を感じる 夏 コメント:6 トラックバック:0

白石の夏祭 フィナーレは花火大会続き

2013/08/12(Mon) 04:39
目の前で広がる大輪の華はとても感動します。

ポッと低い音と共に、小さな光の塊がどんどん夜空に飛んでゆく。
さぁ、どんな花が咲くの。会場の視線と期待が光の塊に集まり・・・

そして
次から次へとこれでもかと打ち上げる。止めどなく咲いては消え、そして大輪の華がまた開く・・・
会場に鳴り響く爆音はスケールの大きさを演出し、心地よい印象を残してくれました。


20130812-1 20130812-2

20130812-3 20130812-4
季節を感じる 夏 コメント:2 トラックバック:0

白石の夏祭 フィナーレは花火大会

2013/08/11(Sun) 16:13
8月10日は白石市の夏祭りのフィナーレを飾る花火大会がありました。
大勢の見物客で賑わいましたが、会場を一望できる場所で楽しんできました。


宮城県南部に位置する白石市は歴史が古く白石城が有名です。
伊達政宗時代、仙台藩南の要として重要拠点でしたが、
城主片倉小十郎は第一の重臣として独眼竜正宗を支えました。
~折を見てお城などを紹介します。

眼前に繰り広げられる大輪の花火はとても迫力がありました。
最初の左のみ合成です~
20130811-1 20130811-2

20130811-3 20130811-4
季節を感じる 夏 コメント:4 トラックバック:0

夢からさめて ねむの花

2013/08/10(Sat) 04:20
子供の頃の追憶

小学校の夏休み行事と言えば、親子海水浴でした。

低学年から高学年まで一緒になって、バスで原釜海水浴場に出かけました。
思う存分海水浴を楽しみ、民宿で食べるおにぎりとアサリの味噌汁は美味かった。

帰りのバスの中は夢の世界。
ふと、窓の外には、ピンクの花が・・・

大人になって、ねむの花だったんだと記憶が蘇る、そんな花です。

20130808-2 


 今日から夏休み、避暑地は自宅。
 メタボ対策、プールで泳ぐ。
 汗をかいて、ビールを飲む。
 つまみは枝豆やトマトいろいろあれど、やっぱり、もろきゅうだ!
季節を感じる 夏 コメント:4 トラックバック:0

サギ?の群れ

2013/08/08(Thu) 04:04
デジ一を手にしてからは、休日は近辺をうろうろと朝に夕にモデル探しをします。
でも、このサギらしい群れには驚きました。
鳥のことは詳しくないですが、白石川の岸に茂る木々に100羽、いや200羽、お世辞でもきれいな声とはいえない鳴き声で賑わっていました。

20130806-1

20130806-2

20130806-3
季節を感じる 夏 コメント:10 トラックバック:0
 Home  Prev

プロフィール

Ark

Author:Ark
宮城県南より季節をお届けします。

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

リンク

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

pictlayer

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。