明日天気になあれ

2013 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 コメント:- トラックバック:-

イワカガミと大地の息づかい

2013/06/29(Sat) 04:33
一切経山は大地の息づかいを感じます。
磐梯吾妻スカイラインを登るにつれ、硫黄のニオイがしていましたね。
山全体が生き物のようです。

20130629-1
20130629-2

吾妻小富士は火口を一周できます。直径約500m、そこからの眺めは福島の市街地を望むことが出来そうです。
相当きつそうな登山道のようですが、紅葉シーズンは絶景を期待出来そうです。

20130629-3
20130629-4

イワカガミ。厳しい自然の中で、地味にそして力強く咲いています。
鎌沼付近はピークを過ぎた感ありましたが、浄土平へ戻る、下り坂付近のイワカガミは大好きな満開前を観ることが出来ました。
20130629-5
20130629-6
一応、浄土平の風景は終了です。
最後に花の写真をアップしますが、この時期に咲く花を忘れないようにしたいと思います。
スポンサーサイト
季節を感じる 夏 コメント:2 トラックバック:0

酸ガ平の湿原 ワタスゲが風になびいて

2013/06/27(Thu) 05:04
鎌沼の自然を楽しみつつ、酸ガ平の湿原を目指します。平坦な木道に響く靴音は、足どりも軽やかになります。奥に見えるのが一切経山ですが、こちら側からは噴煙は確認できません。

20130627-1

あの小屋は何だろうと立ち寄れば、酸ヶ平避難小屋でした。一切経山の登山入り口になっています。今日は穏やかな天気ですが、時には雪や雨、風が猛威をふるうのでしょう。トイレがあって管理費100円を納めましたが、トイレットペーパーを備えている事にびっくりしました。維持管理はとても大変ですが福島県の地味な気配りに拍手です。

20130627-2

耳かき棒って言ったら叱られる~~~ワタスゲです。
湿原の広い空間は開放感でいっぱいです。青空でないのが残念です。
20130627-3

20130627-4 20130627-5

20130627-6 20130627-7

後を振り向き感じました。
終点が近いと思うと物足りなさを感じますが、既に自分の足はひざが笑っています。。。
20130627-8
季節を感じる 夏 コメント:2 トラックバック:0

標高1,600m 浄土平は気温17度

2013/06/25(Tue) 05:12
最近、景勝地の散策にはまり、この日も「鎌沼」を目指しました。
磐梯吾妻スカイラインの中間付近、浄土平で車を降り、徒歩で一周約5.1km(所要時間2時間)の高山植物が楽しめるコースとパンフレットにはありまして。。。

鎌沼です。
福島県の北部、磐梯朝日国立公園内、標高は1,770mにあり周囲約1kmです。蓬莱山や姥ケ原、東吾妻に囲まれ雪解け水が湧き出ているのでしょうね。形が鎌に似ていることからその名が付いたとされています。

20130625-1

20130625-2

案内標識を頼りに、時計回りのコースです。
ジャンバーとジーパンに運動靴。ペットボトルとあめ玉持って、浄土平ビジターセンター、浄土平天文台の脇を通り登山口へ。すると看板がありました。クマが出るので要注意!?登山カードを入れるポスト!?
そう言えば周囲の人たちは、いかにも登山するんだの出で立ちで、杖?たぶんストックを持って鈴ならしていました。
軽装な我々って。。。?
20130625-3 20130625-4
木道はとてもありがたく。。。もうすぐ頂上?。。。標高1,780m姥ヶ原が頂上!(右の写真)
平坦なコースだろうと高をくくっていました。浄土平湿原を過ぎるとすぐに急な道にさしかかり、岩だらけの
林道は涌き水が流れている。。。木々は日差しを遮り、涼しくて気持ちが良いのですが。。。
救いはウグイスとカッコウの鳴き声が近くに聞こえます。どれくらい登るのかもわからずひたすら登りました。

名前は知っていましたが、白い花びらと黄色いめしべがとても清楚なチングルマです。サイズは?親指のつめ位です。
20130625-5

20130625-6
季節を感じる 夏 コメント:4 トラックバック:0

ホタルブクロが咲く頃

2013/06/23(Sun) 04:44
ホタルを見かける頃ですが、このところ低温続きで観察を見合わせています。
と言うことで、ホタルブクロの登場です。

今回は覚えたての「多重露出」機能を使って遊んでみました。

20130623-2

20130623-3

フィルム時代のマニュアル一眼からデジ一にタイムスリップして、ただただ驚くばかりです。
PCとお絵かきソフトがインストールされているんですね!
腕はさておき、おもしろい機能に夢中にさせられました。

20130623-4

この花、どう考えてもホタルを入れることは~ふたが出来ない。。。
ホタル取ったらこの花に入れるんだ!って父親の声。あっ、間もなく命日だ。

20130623-1
季節を感じる 夏 コメント:4 トラックバック:0

マダム・ピエール・オジェは枝変わり種

2013/06/21(Fri) 04:55
今回はブルボンローズ、マダム・ピエール・オジェです。
コロンとした花がとてもかわいいバラです。
 
ブルボンローズの中では珍しいカップ咲きの花です。
5cm位のシルバーピンクの花は四季咲き性で香りも良いです。
ほっそりとした樹形で直立したまま150cmほどに成長するので、か弱い枝を守るため添え木が必要です。 

2枚目の写真、ラ・レーヌ・ビクトリアから生まれました。突然変異なんでしょうね。様々の品種のバラを交配して作出していますからね。枝変わりを発見して固定したオジェさんが、お母様に捧げたバラだそうです。

20130621-3

人気のブルボンローズ、ラ・レーヌ・ビクトリアです。

20130621-1

今回の写真は昨年コンデジで撮影したものです。若干色の濃さが違います。わかりましたか?


大好きなバラ、ジャック・カルティエを紹介しましたら、皆さんからいろんなメッセージをいただきました。
「はにかみ屋さん」hatukagawaさん、「乙女」西恋おじんさんの表現が可愛いです。
バラに魅せられて コメント:0 トラックバック:0

大好きなバラ、ジャック・カルティエ

2013/06/18(Tue) 05:00
一番大好きなバラ、ジャック・カルティエです。

オールドローズ、ポートランド系のバラの特徴は、なんと言ってもコンパクトで自立します。
礼儀正しく、直立!前にならえ!って言うイメージですね。

さらに嬉しいのは、春の一番花がきれいなのは言うまでもなく次々に咲いてくれるところです。
少し休んでよ~、でも香りも良いので~、つい許してしまいます。

で、このバラはと言うと、恥ずかしがり屋なのか葉っぱに隠れるように咲くはにかみ屋です。

20130618-1

20130618-2
バラに魅せられて コメント:12 トラックバック:0

黄色い花、カンゾウ

2013/06/17(Mon) 04:29
カンゾウの花を見つけました。


子供の頃、裏山にはたくさんの花が咲いていました。
せっかく咲いた花の気持ちも知らないで、ポキポキ花をもいだことを思い出します。

あちこちに咲いていたのに、姿を消してしまいました。
除草剤やセイタカアワダチソウなど外来種が生態系に影響しているのでしょうか。

20130617-1

20130617-2

20130617-3
季節を感じる 夏 コメント:5 トラックバック:0

五色沼 沼巡りの帰りはバスに揺られて

2013/06/15(Sat) 04:23
五色沼散策、終点です。

地図を片手に大小の沼の景色を楽しみましたが、あっという間の散歩を楽しみました。
春ゼミの演出のもと、主役のコバルトブルーに輝く沼たちは個性的なポーズを取っていました。
ビジターセンタへ向かうバスの中、汗をかき、だるさがなぜか心地よく揺れていました。

今回の終点柳沼ですが、裏磐梯では一番大きな湖である桧原湖の玄関口になっています。
20130615-やなぎ

控えめな印象の青沼です。
20130615-あお

毘沙門沼同様、るり沼は磐梯山を眺望することが出来ます。
20130615-るり
季節を感じる 夏 コメント:7 トラックバック:0

五色沼 コバルトブルーの思い出

2013/06/14(Fri) 04:50
五色沼湖沼群、弁天沼の続きです。

三十数年ぶりに訪れた弁天沼。沼の名前が先輩の名前に似てて、みんなを笑わせる親しみのある。。。デンスケさん。
夏休み、サークルの桧原湖キャンプの一シーンが蘇ります。仲間と大笑いした記憶が懐かしいです。
ひいき目に、毘沙門沼にも引けを取らない弁天沼が良いです!それにしても「サークル」は死語?

20130612-1

20130612-2

20130612-3
季節を感じる 夏 コメント:1 トラックバック:0

五色沼 遊歩道を歩けば 続き

2013/06/12(Wed) 04:29
弁天沼を今回は紹介します。
決して大きくない沼ですが、コバルトブルーの水面は幻想的で何度見ても飽きない景色です。

名は知りませんが、あちこちでピンクの花を見つけました。

20130614-1

20130614-2

20130614-3
季節を感じる 夏 コメント:3 トラックバック:0
 Home  Prev

プロフィール

Ark

Author:Ark
宮城県南より季節をお届けします。

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

リンク

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

pictlayer

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。