明日天気になあれ

2013 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

息子も帰り、長い冬休み終わる

2013/01/06(Sun) 20:18
9日間の長い冬休みも終わります。
息子も神奈川のアパートへ帰りました。

この冬休み、すばらしい白鳥の写真に魅せられ生態も知らず、寒空の白石川に通いましたが3日目何とか写真を撮ることが出来ました。
30年前のレンズと重たい三脚を引っ張り出し、人間フォーカスで撮影しました。案の定ピンぼけを大量生産してしまいました。高性能のデジ一と望遠レンズ欲しいけれど資金がありませんので手持ちでチャレンジしました。二日目、強風とマイナス6度はさすがに応えましたが何かおもしろさを感じました。
来週は日の出に合わせ撮影しようと思います。そうそう、偏光フィルターも忘れずにしよう。


冬の白鳥1
蔵王をバックに畑でモーニング。サラダを多めに、炭水化物は控えめに!

冬の白鳥2
朝なのに、もうお昼寝ですか?夜あそびはいけませんよ。しっかり運動しなければいけませんよ!

冬の白鳥3
親子仲良く買い物へ。ヒートテックの下ズボン欲しいよ。

データ:OLYMPUS PEN Lite E-PL2
    Nikon Zoom70-210mm(望遠端35mm換算420mm)シャッタースピード1/100 露出8-11
スポンサーサイト



季節を感じる 冬 コメント:6 トラックバック:0

楽しいバラの芽接ぎ

2013/01/06(Sun) 19:02
バラの寒肥を残しているのに、連日の寒さが厳しく庭がカチンカチン状態でスコップが入らない。
今朝は朝から風もなく少し暖かい。でもやっぱりスコップが入らない。3月まであきらめようかなぁ。

そこで毎年恒例の芽接ぎを行いましたので、我流ですがアップします。

今回の増殖は、シュートの出が悪くなったり勢いが良くないバラの世代交代を目的としました。我が家にやって来て6年も経つと、剪定の悪さのためか新しいシュートが出にくくなり、結局、花の数が減ってしまいます。
ひょんなことで芽接ぎに興味を持ちました。台木の皮を削いで増やしたいバラの芽を貼り付けるだけで、芽が膨らみやがて成長し花を咲かせます。芽の成長を確かめるのが楽しく至福の一時となりました。

芽接ぎ1 
 台木の枝は短く切ってきれいにする。
 それでも芽が出るので、指で曲げて折る。
 表皮を布などできれいに取り除く。
 根を乾燥させないこと。

芽接ぎ3 芽接ぎ4ヨーランド・ダラゴンの芽              ジャック・カルティエの芽を薄く削ぐ

芽接ぎ6 芽接ぎ7芽に合わせ木質が2~3mm程度見えるぐらいに削ぐ   芽を貼ったところ

芽接ぎ9 芽接ぎ10芽接ぎテープを下から上に、芽の下側2回、芽1回、芽の上側2回程度巻く。
赤玉土を使用し、ネームプレートを挿して完成。
水をたっぷりかけて鉢ごとビニール袋に入れて湿度を保つ。袋に水滴が付くが気にせずひたすら我慢する。
約2週間後袋から取り出し、土が乾いたら水やりする。

実家の縁側で芽の動きを待ちます。春にはきっと芽が動き出すでしょう。
あくまでも我流なので、詳しくは専門書を参考にして下さい。

前回の記事はこちらです。
more
バラに魅せられて コメント:2 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

Ark

Author:Ark
宮城県南より季節をお届けします。

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

リンク

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

pictlayer