明日天気になあれ

バラ、オールドローズの魅力に惹かれ、釣り、自分でつくった毛ばりでヤマメと遊ぶ。 子供の頃、農作業の手伝いが大嫌いだった。今は汗をかくことに幸せを感じる。

プロフィール

Ark

Author:Ark
実家の裏山で福寿草の黄色い花が咲いていました。
昨年、日当たりの良い所に移植したことを思い出しました。

宮城県南より季節をお届けします。

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

pictlayer

蔵王、やっぱり青空って良いですね。

冬晴れの午後、
蔵王を久しぶりに見ることが出来ました。
やっぱり青空って良いですね。

このところブログ写真がモノクロになっていました。
決して狙って撮影したわけではないのですが、気分転換に風景写真を掲載しました。 

日本海側は大雪で不自由な生活を強いられていますが、こちらは最高気温が6度まで上がり大分雪が溶けました。
寒さはこれからが本格化しますがもう少しの辛抱です。

そう言えば、ここ数日前、目がかゆくなりました。もう杉花粉が飛んでいるようです。
敏感な目鼻センサーが感知したようです。

冬晴れ蔵王2


冬晴れ蔵王1

comments(6)|trackback(0)|季節を感じる 冬|2013-01-27_19:49|page top

雪の日はボケッとするに限る

今日はあいにくの雪模様でした。
14日に降った雪が大分溶けたので、実家裏山の雑木や下草を刈り取ろうと思っていたのに残念です。
と言うことで、白石川パトロールに出かけました。

0126白石川1

はじめに出会ったのが、幸運にもマガモのペアでした。
結構警戒心が強く、数歩近づいたとたん飛び去ってしまいました。
鴨鍋なんて考えていないのにね。
冗談はさておき、珍しくピントが合い、ちょっと気分の良いスタートです。

0126白石川2

いってらっしゃ~い。  冬道はスピード運転しちゃ行けないぞ~(ピンぼけですが)

0126白石川3

時折、薄日が差してきます。(決して白黒撮影ではありません) 

0126白石川4

偶然?餌もあげてないのに。なぜかカメラ目線を意識してくれました。

0126白石川5

ヒヨドリでしょうか。普通ペアで行動するのに、せつないねぇ。
OLYMPUS PEN+Nikon Zoom70-300(望遠端)で撮影しましたが、マニュアルフォーカスに限界を感じました。

comments(4)|trackback(0)|季節を感じる 冬|2013-01-26_21:13|page top

鳥海山が出迎えてくれました

今週、酒田市のお客様を訪問した際の写真を掲載します。
この時期の鳥海山は雲に隠れ、なかなか見ることが出来ませんが、珍しく見ることが出来ました。
絵的には青空と雪を抱く鳥海山が良いのですが、それはこれから春に十分楽しむために取っておきましょう。

日本海より一挙に立ち上がり県と秋田県を跨ぐ優美な山は、誰にも邪魔されることなくどっしりと鎮座しています。
鳥海山1

鳥海山2


帰り道、国道47号を新庄方面に進むと、何基かの風車がそびえています。
風力発電のための風車ですね。
ここは立川町ですが、今は余目町と合併して庄内町になりました。
いつも力強く回っているのですが、今日は休みなのでしょう。

風車2

バックの白い山は月山です。

風車1

comments(2)|trackback(0)|季節を感じる 冬|2013-01-26_08:36|page top

今冬は川も凍てつく寒さです

本当にこの冬は寒いですね。
防寒対策整え、夜明けの白鳥さんに会ってきました。

凍てつく朝1
足元滑らぬようにしなくちゃね。スケートよりも泳ぎたいのになぁ。

凍てつく朝2
俺たちも早く泳ぎたいよぉ~そうだろう?

太陽も高くなったので場所を変えました。
ここは鳥インフルの影響で餌付けをやめた場所です。でも近所の子供たちが餌を持ってくるので、彼らはひたすら忍耐強く待ち続けます。
凍てつく朝5
子供が来たぞぉ~急げ!!

凍てつく朝4
こっち!こっちだってばぁ!おいらにもくれよぉ~

凍てつく朝3
朝食も終わり、ぽかぽか陽気なので散歩行こう。でも風がないと飛ぶのしんどいよ、知ってた?

comments(8)|trackback(0)|季節を感じる 冬|2013-01-20_20:21|page top

元気 会津 八重の桜

仕事で会津方面へ行ってきました。
ラーメンで有名な喜多方市、日本酒で有名な南会津町、そして会津若松市のお客さまを訪問しました。

目を引いたのはNHK大河ドラマの舞台になっている鶴ヶ城がある若松市。
八重の桜をPRするポスターが商店街の店々に貼ってました。
もちろん宿泊先の東山温泉の入り口にもです。
八重の桜ポスター

東日本大震災で東北の太平洋側は地震と津波により大きな被害を受けましたが、特に福島県はさらに原発事故によりこれまで経験したことのない大災害になりました。そして1年10ヶ月が過ぎました。関係者は復興に向け鋭意努力しているところですが、避難を余儀なくされている人たちはいつになったら自宅に戻れるのか全く見通しが立っていません。

こんな中、このドラマは被災を受けた福島だけではなく多くの人々に、元気と勇気、そして希望を与えてくれそうな期待を持っています。

主人公、新島八重は幕末の会津戦争では女性にも関わらず銃を持ち勇敢に戦い、賊軍となり故郷を離れざるを得なく絶望感を味わい、しかし困難を乗り越えながら力強く生きた会津人の生涯を描いたもので、今の日本とラップするところを感じます。NHKの関係者ではありませんが、隣県に住む一住民として応援歌になればと期待しているところです。

機会があったら是非会津若松を訪ねて下さい。ソースかつやラーメンが名物で、自然豊かな中に会津の生き方と歴史を見つけることが出来ます。

comments(4)|trackback(0)|がんばろう!東北|2013-01-19_12:53|page top

今日は朝から雪が降る

低気圧が太平洋を北上しながら爆弾低気圧に発達中です。
既に15cmほど雪が積もり、止みそうもありません。

今冬の雪景色

この三日間、懲りもせずに白鳥撮りを行いましたが、満足な写真は撮ることは出来ませんでした。
雪の中、白石川河川公園での撮影です。案の定、雪の日は白鳥さんの白さを強調できないです。

白石の白鳥1
うるさいなぁ~邪魔するの~だれだぁ~

白石の白鳥2
おやすみ~雪の日は寝るにかぎるよ。。。

白石の白鳥3
もう~目が覚めちゃったよ~

白石の白鳥4
しょうがないなぁ~散歩つきあうとするか。。。

一昨日の夕方、何とか飛ぶ姿を収めることが出来ました。アングルとピント合わせ、訓練必要ですね。
白鳥飛ぶ2

comments(8)|trackback(0)|季節を感じる 冬|2013-01-14_14:55|page top

伊豆沼 オナガガモの群れ

仕事始めの今週、土曜日の今日は出社しましたが無事終了しました。
仕事で栗原市、登米市へ行くとになり、ポケットにデジカメを忍ばせました。

伊豆沼周辺はラムサール条約により渡り鳥を守っています。ですからシーズンはいつもたくさんの渡り鳥が越冬のために翼を休めます。
じっくり観察したいですね。

オナガガモ1

たくさんのオナガガモたちは、人なつっこく迎えてくれます。

オナガガモ2

どうです?長いシッポで誘惑します。

オナガガモ3

失礼!ただ今食事中なので。。。案内図はこちらです。

comments(8)|trackback(0)|季節を感じる 冬|2013-01-12_21:02|page top

息子も帰り、長い冬休み終わる

9日間の長い冬休みも終わります。
息子も神奈川のアパートへ帰りました。

この冬休み、すばらしい白鳥の写真に魅せられ生態も知らず、寒空の白石川に通いましたが3日目何とか写真を撮ることが出来ました。
30年前のレンズと重たい三脚を引っ張り出し、人間フォーカスで撮影しました。案の定ピンぼけを大量生産してしまいました。高性能のデジ一と望遠レンズ欲しいけれど資金がありませんので手持ちでチャレンジしました。二日目、強風とマイナス6度はさすがに応えましたが何かおもしろさを感じました。
来週は日の出に合わせ撮影しようと思います。そうそう、偏光フィルターも忘れずにしよう。


冬の白鳥1
蔵王をバックに畑でモーニング。サラダを多めに、炭水化物は控えめに!

冬の白鳥2
朝なのに、もうお昼寝ですか?夜あそびはいけませんよ。しっかり運動しなければいけませんよ!

冬の白鳥3
親子仲良く買い物へ。ヒートテックの下ズボン欲しいよ。

データ:OLYMPUS PEN Lite E-PL2
    Nikon Zoom70-210mm(望遠端35mm換算420mm)シャッタースピード1/100 露出8-11

comments(6)|trackback(0)|季節を感じる 冬|2013-01-06_20:18|page top

楽しいバラの芽接ぎ

バラの寒肥を残しているのに、連日の寒さが厳しく庭がカチンカチン状態でスコップが入らない。
今朝は朝から風もなく少し暖かい。でもやっぱりスコップが入らない。3月まであきらめようかなぁ。

そこで毎年恒例の芽接ぎを行いましたので、我流ですがアップします。

今回の増殖は、シュートの出が悪くなったり勢いが良くないバラの世代交代を目的としました。我が家にやって来て6年も経つと、剪定の悪さのためか新しいシュートが出にくくなり、結局、花の数が減ってしまいます。
ひょんなことで芽接ぎに興味を持ちました。台木の皮を削いで増やしたいバラの芽を貼り付けるだけで、芽が膨らみやがて成長し花を咲かせます。芽の成長を確かめるのが楽しく至福の一時となりました。

芽接ぎ1 
 台木の枝は短く切ってきれいにする。
 それでも芽が出るので、指で曲げて折る。
 表皮を布などできれいに取り除く。
 根を乾燥させないこと。

芽接ぎ3 芽接ぎ4ヨーランド・ダラゴンの芽              ジャック・カルティエの芽を薄く削ぐ

芽接ぎ6 芽接ぎ7芽に合わせ木質が2~3mm程度見えるぐらいに削ぐ   芽を貼ったところ

芽接ぎ9 芽接ぎ10芽接ぎテープを下から上に、芽の下側2回、芽1回、芽の上側2回程度巻く。
赤玉土を使用し、ネームプレートを挿して完成。
水をたっぷりかけて鉢ごとビニール袋に入れて湿度を保つ。袋に水滴が付くが気にせずひたすら我慢する。
約2週間後袋から取り出し、土が乾いたら水やりする。

実家の縁側で芽の動きを待ちます。春にはきっと芽が動き出すでしょう。
あくまでも我流なので、詳しくは専門書を参考にして下さい。

前回の記事はこちらです。

続きを読む

comments(2)|trackback(0)|バラに魅せられて|2013-01-06_19:02|page top

我家の恒例初詣

我家ではお正月、岩沼市内の竹駒神社に初詣するのが恒例になっています。
信心深いわけではありませんが、この一年が良き年であるよう、
日本三稲荷と称される竹駒神社にげん担ぎを行いました。

宮城県内最も有名な神社で、開運招福、商売繁盛、家内安全など御利益があります。
ものの本より、842年、小倉百人一首で有名な参議小野篁(おののたかむら)卿が陸奥守として着任した際に、奥州鎮護を祈願して創建されました。衣・食・住の守護神が祀られています。古くは平泉藤原三代、藩政期には伊達家歴代の手厚い庇護を受けたそうです。

竹駒神社1

竹駒神社2

竹駒神社3

竹駒神社4

comments(3)|trackback(0)|季節を感じる 冬|2013-01-02_21:29|page top