明日天気になあれ

バラ、オールドローズの魅力に惹かれ、釣り、自分でつくった毛ばりでヤマメと遊ぶ。 子供の頃、農作業の手伝いが大嫌いだった。今は汗をかくことに幸せを感じる。

プロフィール

Ark

Author:Ark
宮城県南より季節をお届けします。

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

pictlayer

バラの世話 寒肥を施す

毎年恒例のバラの寒肥を施しました。

天気予報では、今日は10度まで気温が上昇するが、午後雨が降ると言う。
午前が勝負と、この時期に合わず汗をかきながら奮闘しました。

雑草庭 寒肥後

雑草だらけの庭から、寒肥を施しきれいになりました。春が楽しみです。

ドバミミズ、当地では10cmほどの大きなミミズをドバミミズと呼んでいますが、土を耕していました。
一昨年までこんな作業をしていると、どこからともなくモズがやって来て虫を見つけてそそくさとどこかへ飛んで行き、また戻ってきました。数メートル先のモズにドバミミズを投げてやると、すぐに拾ってどこかに飛んでは戻ってきます。後でバラのトゲに日干しのミミズを見つけ、これが”モズのはやにえ”かぁと感心しますが、果たして回収するのか疑問です。そんなかわいいモズを思い出しました。

寒肥のレシピですが結構適当なので、読み飛ばして下さい。

寒肥 
 ①油粕 
 ②発酵鶏糞 
 ③溶成リン肥 
 ④骨粉・貝殻 
 ⑤炭 
 ⑥カニ殻
 
 左:ひとめぼれの籾殻 
 中:ブレンド肥料 
 右:カニ料理店からいただいたカニ殻


適当に窒素を少なめにリン酸とカリを多めにのイメージでブレンドします。1年前に作ったものですが、さらに発酵が進んだようです。

雨が降ってきました。
きれいになった庭を見て満足です。

comments(3)|trackback(0)|バラに魅せられて|2012-12-30_18:47|page top

トゲなしノイバラ?台木の堀り上げ

今日から9日間の長が~い冬休み。
しばらくぶりでのんびりした正月になりそうです。

今年は例年になく寒い初冬で休日のあいにくの天候も重なり、思うようにバラの世話をすることが出来ませんでした。
休み期間中に遅れを挽回しなければ・・・

今日は予定通り、畑に植えていたノイバラを掘り起こしました。
まずまずの出来です。幹の太さは10~15mm位のが8割ほど出来ましたが、細いのは残念ですが処分します。
首も長く伸びていたので芽接ぎはしっかり出来そうです。


ポットから畑に移植する時の留意として、根をしっかり四方に伸ばして植えなければなりません。
そうしないとひらがなの「す」のように根が渦を巻いたり、一方向に偏って伸びてしまいます。

それからもう一つ。
首を長くしたかったので深植えを試みました。移植後の水やりを省略したかったこともあり、ほとんど欠けることなく成長してくれました。

果たして芽接ぎに適しているかどうかですが、親は台木専用と言えどもトゲが出来てしまったこともありちょっと不安です。
台木1 台木2

前回の記事はこちらです。

comments(3)|trackback(0)|バラに魅せられて|2012-12-29_16:37|page top

トゲなしノイバラ?の種を採取

今年も懲りずにノイバラの種を採取しました。
ノイバラの実2


親はトゲがないノイバラの枝を挿し木したもので、その種だからトゲはないと思っていたのに、立派なトゲを持っていました。全て抜き取ろうと思いましたが、せっかくなので台木として使うことにしました。
年末年始は芽接ぎを予定しているので台木をアップします。
果たしてどれくらい大きく育っていることか一応楽しみです。

そんな子供イバラですが、もう一度種蒔きしようと思います。もしかすると庭に植えていたものなので近くのバラの花粉が混入したかもしれません。今回のは近くにバラを植えていないので、果たしてどうでしょうか。
前回の記事はこちらです。

来年4月まで袋に入れて外の物置で保管します。

comments(0)|trackback(0)|バラに魅せられて|2012-12-24_17:28|page top

白石川の白鳥たち

今年はなぜかたくさんの白鳥が渡ってきました。

鳥インフルの影響で、餌付けを自粛しているのですが白石川に集まってきました。
いつもスルーするところですが、陸上に上がった白鳥は一生懸命餌をついばんでいました。

白鳥6

白鳥7 白鳥8 白鳥1 白鳥2 白鳥3 白鳥4

comments(0)|trackback(0)|季節を感じる 冬|2012-12-23_16:18|page top

Suicaペンギンに思わず笑ってしまった

朝帰り、仙台駅ペデストリアンデッキを歩いていたら思わず足を止めてしまいました。
こいつらいったい何者だ?
頭の芯がズキンズキンするだけで何者か判らず、シャッターを切ってしまいました。

あっそうか、サンタクロース姿のSuicaペンギンだ。
何とも滑稽な顔を見て、飲み過ぎた自分は、ただただ反省するばかりです。

Suicaペンギン1

Suicaペンギン2

comments(0)|trackback(0)|季節を感じる 冬|2012-12-22_10:30|page top

手作りヨーグルトを食す

実は先日会社の定期検診で再検の通知をもらい、あぁ~またかとお手紙を開きました。
で、3年ぶり人生通算、十数回ぶりのお医者さまの最高級ごちそう”胃カメラ”をいただきました。

シェフ先生曰く「ピロリ菌いるかもしれないね。次回の検診もひっかかるから、バリュームではなく胃カメラにした方が良いよ。」
えっ!!!とは年寄りの胃カメラ苦痛経験している手前、平常を装いました。
と言うことで本題です。

20代に2回胃潰瘍で入院したことがあり、胃カメラという病院の最高級ごちそうをもう数え切れないくらい
おいしく?いただきました。
で、今回のシェフへの評価をちょっと言えば、前菜がすごくおいしく(お世辞にも言いたくないけど)
また食べようとリピータ宣言をするくらいでした。
今時の検査は麻酔と安定剤を使って、痛みや苦痛は「あまり」感じませんでした。一応「あまり」です。

で、本題です。

ヨーグルトメーカーで胃に良いヨーグルトを増産し食すことにしました。

ヨーグルトメーカー

まずは練習に「ヤク○トの****胃腸に良い~」でレシピ通り作りました。
4時間ほどで基となる「ヤク○トの****」の味と香り、少々水っぽかったけれど合格です。
生きた乳酸菌などが入ったヨーグルトと牛乳があれば簡単にできることが判りました。

comments(2)|trackback(0)|どぶろくの詩|2012-12-16_18:15|page top

バラのネームプレートを作りました

バラの名前を記するネームプレートを作りました。

完成したネームプレート 高さ10mm×長さ60mm

ネームプレート

これまでは当たり前のことですが、プラスティック園芸用ラベルに油性マジックで書いていました。
しかし、1年も過ぎると文字が消えてしまったり、
雑草を取り除くときに一緒に捨ててしまったりと手がかかります。

不便を感じいろいろ探していましたが、今回のラベルにたどり着きました。
アルミ板とステッカーを作る専用プリンター用紙の組み合わせで、ラベル印刷には表計算ソフトエクセルを使用しました。
まあまあの出来なのでアップしました。

材料
・台紙となるアルミ板:厚さ0.3mm 200×300mm
・手作りステッカー強力粘着タイプ 紫外線防止付きフィルム付き A4サイズ

手順
・はじめにエクセルで印刷したい名前を入力し、ステッカー用紙に印刷します。
・次に、UVカット透明フィルムを貼ります。粘着タイプなので簡単です。
・シールは完成ですが、引き続きアルミ板に貼り付けます。
・予め長さと幅を決めている印に沿ってカッターナイフで根気よくなぞれば、
 弱い力でもアルミ板は切ることが出来ます。
・そしてキリでヒモを通す穴を開けます。
・仕上げはアルミのバリを取り除く為にヤスリをかけて完成です。

今回使用したステッカー用シール

ステッカーシール

果たしてUVカットはどれくらい効果があるかですが、文字はどれくらい持つかですね。
また粘着シールはどれだけ雨や雪に耐えられるかが問題です。
枝にくくりつけるので紛失は免れそうですが。

ただ、一つ作るのにあまりにも手間かかってしまいました。
これをどう評価しましょうか。。。

comments(0)|trackback(0)|バラに魅せられて|2012-12-16_17:45|page top

昨日の地震、去年の震災を思い出す

三陸沖を震源とする震度5弱の地震と津波がありました。
寒い冬夜の中、避難を余儀なくされた皆様には不安な一夜だったことと、お見舞い申しあげます。

さて、今日も寒い朝でした。白石蔵王スキー場はどれくらい雪が積もったのでしょうか。

蔵王

実家の庭になぜか石臼があり、いつも水を張っています。今朝は凍っていました。

氷1

毎年白鳥が渡ってくる沼です。ここは餌付けをしていたからか人なつっこく、一斉に近寄ってきます。
しかし、鳥インフルの影響で餌やりは禁止です。しばらく様子をうかがっていましたが、もらえないことが判ると一斉に方向転換です。

手代木沼

続きを読む

comments(0)|trackback(0)|季節を感じる 冬|2012-12-08_16:26|page top

急に寒くなり、バラの鉢上げ急がねば

この冬一番の寒さ、1月の気温まで下がってしまいました。
そして昨日は今年初めての着雪とあいにくの天気になってしまいました。
二日酔いと雪を理由に、こたつにすっぽり入って瞑想にふけっていました。

さて今日は昨日の遅れを取り戻そうと張り切りました。
年寄りばあさんの畑をヤンマーぽちで耕作しました。
キュウリやなす、大根などお世話になりましたが、この時期に土をひっくり返すことを「霜うち」と言って、土に潜り込んでいる虫や草の根を凍らせて退治するのだそうです。また土が凍ることでふかふかの土になり水はけが良くなります。
鉢上げしたいバラも剪定をしながら掘り起こしました。ふぅ~

そう言えば、今年も遠いシベリア(?)から白鳥が飛んできました。11/19撮影した写真をアップします。
近所を流れる白石川です。阿武隈川水系で蔵王連峰を水源としていますが、この時期は白鳥や鴨が飛来します。寒くないのでしょうか?足はしもやけにならないのでしょうかねぇ?彼らを見るたび考えてしまいます。

つぎはぎブログになってしまいましたが、最後にドブログの話を。前回の記事はこちらです。
あれから3週間が過ぎました。発酵が早いのではと心配しましたが理想の味に感動です。急遽2リットルほど搾りました。残念ながら「春待魚」のラベルなし、お~いお茶のペットボトルで間に合わせです。
肝心の味ですが、ほどよい甘さとアルコールが仲良く手をつなぎ、スキップしています。口の中でかすかにシュワッと炭酸がはじけます。水を少なめにしひとめぼれを多くしたことが自分好みに仕上がったようです。

白石川1
白石川2

comments(0)|trackback(0)|季節を感じる 冬|2012-12-02_19:55|page top