明日天気になあれ

バラ、オールドローズの魅力に惹かれ、釣り、自分でつくった毛ばりでヤマメと遊ぶ。 子供の頃、農作業の手伝いが大嫌いだった。今は汗をかくことに幸せを感じる。

プロフィール

Ark

Author:Ark
宮城県南より季節をお届けします。

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

pictlayer

スタンダードローズ台木の鉢上げ

昨年7月に畑に移植したノイバラ台木を鉢上げしました。

畑は肥沃な土のため、幹の成長は非常に早いです。
移植当時、約10mmのものが20~25mmの太さに成長しました。
台木の長さは30~120cmと大小ですが、この冬に大好きなバラのスタンダードを作ろうと思います。

台木鉢上げ1 台木鉢上げ2


10月6日に水挿しをしたスタンダード用台木はカルスを着実に形成しました。
もう少し成長したら赤玉土に移植します。
水挿しの記事はこちらです。もし良かったらのぞいて下さい。

水挿し1 水挿し2

comments(2)|trackback(0)|バラに魅せられて|2012-10-28_14:13|page top

H24年 柿酢の仕込み

先週に続き柿酢の話です。

昨年仕込んだ柿酢は、シンプルに水で薄めて飲んでいます。先日健康診断がありましたが、結果におびえている自分としては、体に効果があればうれしい限りです。

早速、今年の柿酢の仕込みです。簡単に手順を記します。

 1.結構雰囲気のある、中華料理店からもらった紹興酒の瓶は容量約2リットルをしっかり洗います。
 2.子供の頃から食した甘柿30個を水洗いし、ヘタを取り除き4等分に切ります。
 3.傷付きのは雑菌が混入する恐れがあるので除外します。
 4.ショウジョウバエが入らないよう布で蓋をて直射日光が当たらない涼しいところに起きます。 
 5.今後1週間に1回位様子をうかがい、味を確かめ、まんべんなく発酵するようにヘラでかき混ぜます。
 6.3月頃、きっと酢が出来ているでしょう。晒しで濾過し瓶詰めします。
 7.瓶詰めした柿酢を直射日光の当たらない、温度変化の少ないところで1年ほど寝かせれば完成です。

H24柿酢1

樹齢60年は経っていると年寄り母さんが言う柿の木は、今年はあまりならなかった。
H24柿酢3
H24柿酢2

comments(0)|trackback(0)|どぶろくの詩|2012-10-27_18:38|page top

柿酢を仕込んで1年

裏山のが食べ頃になりました。
子供の頃、の木に登りもぎ取って食べたものでした。
これはおいしそうと一口かじると、甘い?そして急激にシブーい何とも言えない味が口の中に充満し、すぐにはき出した記憶がよみがえります。
この木もだいぶ年を取ってしまったなぁ。少し剪定をしてあげようか。
裏山の甘柿

そう言えば昨年の今頃、柿酢作りにチャレンジしました。できたてはとても酸っぱくそして甘くそれぞれが喧嘩をしているような味だったので今日までほったらかしていました。試飲すると大分まろやかな味です。これから毎晩いただきましょう。二日酔い防止にと動機は不純ですが、成人病予防に効果があるようなので。
柿酢1
これからの季節は気温が低くなり、雑菌の繁殖に心配なく絶好の仕込み時期です。
作り方は簡単です。昨年の写真を掲載します。
清潔に洗った果実酒等を作るビンと、甘または渋柿をビンに入れて、時々へらで混ぜるだけです。
柿はヘタを取り除きさっと汚れを取る程度に水洗いし四等分に切ってビンに入れ、ゴミが入らないようさらしなどで覆うだけです。2週間ぐらいで甘酸っぱい良い匂いがしてきます。

柿酢2

3週間を過ぎると甘みが酸っぱい苦い味に変化し、アルコールができてくる。
柿酢3

小バエに気をつけよう。甘酸っぱい、アルコールは人もハエも魅了する?サラシなどでしっかり蓋をする。
一つ注意。この匂いは部屋中に広がり女房殿のひんしゅくを買います。しっかり隔離しましょう。
柿酢4

5ヶ月ほどで完成するので、網目の小さいざる等を使って濾過をしビンなどに移して保存します。
2リットルビンで約1.8リットル作ることができます。甘柿でも渋柿でもあまり変わらない味のようです。
最近はあまり食べなくなってしまった柿。体に良い柿酢を作り飲用するのも良いかもしれません。
柿酢5

comments(2)|trackback(0)|どぶろくの詩|2012-10-21_16:53|page top

蔵王山頂の紅葉はちょっと早かった

快晴の朝、ドライブ日和。恒例の蔵王の紅葉を見に行きました。

今週も道路の混雑を避けるため、朝7時半スタートです。遠刈田から蔵王エコーラインを頂上めざし快適ドライブです。今年は残暑の影響がどれくらいあるか心配でしたが、頂上はまずまずの見頃でした。最も期待した中腹は残念ながら来週か再来週あたりが見頃でしょう。あくまでも経験上のことで。

駒草平 いつも休憩しながら散歩します。
高山植物コマクサの群生地で、6月中旬から8月が見頃です。
駒草平1

駒草平2

駒草平3

毎年ドライブしますが、10数年お釜を見ていません。蔵王はお釜で表現されるのですが。。。
頂上へ右折せず、そのまま山形へ下ります。山頂方面を撮影。山頂へロープウェイが動いています。
お釜をのぞむ1

お釜をのぞむ2
駐車スペースを見つけて撮影
白樺の道路

comments(0)|trackback(0)|季節を感じる 秋|2012-10-14_19:17|page top

秋の野草を撮影

実家の裏山にはいつも地味な野草がを咲かせます。

水田に向かう日陰の農道から田んぼの畦に咲くを撮影しました。
これまで足を止めて観ることもなく、雑草として草刈り対象で、ただの邪魔者としか見ていませんでしたが
意外とかわいくて、きれいなものですね。

ネットで名前を調べましたが、解らない植物もあり、また結構種類が多いですね。
またユニークな名前もおかしく、きれいななのに不本意な名前が気の毒です。

アキノウナギツカミ(クリックで拡大画像表示します)
アキノウナギツカミ1 
アキノウナギツカミ2 
イヌタデ(クリックで拡大画像表示します)
イヌタデ
名前不詳
???
ハキダメギク(クリックで拡大画像表示します)
ハキダメギク 
ハキダメギク2
ハナタデ?(クリックで拡大画像表示します)
ハナタデ?

日本に帰化し、非常に増殖が強いのか日本全国に自生してしまったセイタカアワダチソウーはもはやブラックバスと同様、生態系を壊してしまう危険な植物だと思う。
怪しい影と共に減反した田んぼの群生を撮影しました。露出オーバー御免。
セイタカアワダチソウー
今回の撮影はOLYMPUS PEN Lite E-PL2+NIKON Nikkor50mm f1.2(35mm換算100mm)

comments(0)|trackback(0)|季節を感じる 秋|2012-10-13_20:47|page top

会津 鶴ヶ城とそばを食べた一日

会津若松市の鶴ヶ城を見たくなり、おいしいそばを食べさせることを条件に女房とドライブしてきました。

三連休の三日目と言うことで混雑をさせるために、いざ若松へ。時計は七時半。

戊辰戦争で最後まで西軍と戦った決戦の場、鶴ヶ城と領主松平容保、来年NHK大河ドラマ「八重の桜」の舞台を見てきました。数時間ではほんのさわりしか確認できませんが、我が家から2時間足らずで行けるので、折を見てまた歴史を探しに行くつもりです。

約束のお昼は強清水の老舗のそば屋さん。ざるそばとニシン、マイタケ天ぷらを単品で注文。以前と変わらず冷たく冷やされた自家製そばは絶品です。
この強清水地区は会津戦争でのどを潤す、つかの間の休息を取ったと伝えられています。

紅葉はまだ1週間ぐらい早く磐梯山頂上付近が紅葉していました。磐梯ゴールドライン、五色沼で休憩、レークライン、東北自動車道路の300kmのドライブは後天に恵まれ、渋滞にも遭わず楽しい一時でした。

鶴ヶ城1
天守閣から飯盛山を望む。(赤白ポール脇、小高い山)自刃した白虎隊が眠る。

鶴ヶ城3

comments(0)|trackback(0)|季節を感じる 秋|2012-10-08_19:19|page top

ひとめぼれのカメムシ被害

どこからともなく、とても良い香りがする。
キンモクセイの香りは秋を教えてくれる。
(クリックで拡大画像表示します)
キンモクセイ


今年の米は猛暑にも関わらず、まあまあの出来でとりあえず満足です。

と言うのも、JA出荷の半分が二等米の評価で、理由はカメムシによる米の茶褐色でした。
昨年は猛暑による白濁色による二等米でしたが、カメムシ被害はありませんでした。今年はこれまでしなかったカメムシ防除の薬剤散布を施したのですが効果はありませんでした。残念です。
(クリックで拡大画像表示します)
カメムシはいずこに

カメムシ対策に、忌避作用がみられるハーブとしてペパーミントが良いという話を聞いたことがあります。
そこで、米の花が咲くまでに畦道にミントを茂らせよう。ミントの生命力は非常に強く、数センチ足らずの根があればすぐに芽を出し増殖するので、畦道に適当な間隔に挿し木することにしました。

comments(0)|trackback(0)|米作り 野菜作り|2012-10-07_19:10|page top

トゲなしノイバラを挿し木する

トゲなしノイバラを挿し木しました。

挿し木の時期は秋か春が経験上適していると思っています。
暑くもなく寒くもなく、急激な鉢の水分蒸発がなく、台木にカビなどが付着し腐敗することもないから成功率が高くなると考えています。

右の2本はアマンダパテノットの芽をT字接ぎをしてみました。
このまま切り口にカルスが形成するまで水挿しを行います。2~3週間で変化が見られると思います。さらに時間が経過すれば白い根が出てきます。そしたら赤玉土に植え替え、乾燥に気をつけ春を待ちます。

ノイバラ1
スタンダード用に80~140cm、直径2cm位のものを6本水挿ししました。
不要な芽を全て削ぎ落とすのが結構大変ですが、怠るとこそからシュートが出てスタンダードの美観を損ねてしまいます。面倒がらず丁寧に行います。

ノイバラ2

comments(0)|trackback(0)|バラに魅せられて|2012-10-06_17:02|page top