明日天気になあれ

バラ、オールドローズの魅力に惹かれ、釣り、自分でつくった毛ばりでヤマメと遊ぶ。 子供の頃、農作業の手伝いが大嫌いだった。今は汗をかくことに幸せを感じる。

プロフィール

Ark

Author:Ark
宮城県南より季節をお届けします。

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

pictlayer

トゲなしノイバラなのにトゲがある

えっトゲがあるぞ。

トゲなしノイバラを挿し木し、翌年庭に移植し花を咲かせ、秋に種を採取した。今年の春に種をまき、畑に移植した。
H21年秋に挿し木したので、約3年経ってがっかりするなんて何とも力の抜ける話である。
ノイバラの花

前にも記したがポートランド系コンテドシャンポールから突然ノイバラのシュートが生きよい良く出てきたものだ。ST台木と種取り用に挿し木したのだが、当然トゲなどどこにも見つけられない。
シュートはトゲが劣性で、種には優性で現れたのか?
トゲを刺すと痛いからなぁ。

前回の記事はこちらです。


comments(0)|trackback(0)|バラに魅せられて|2012-08-27_23:11|page top

失敗してもバラのスタンダードをつくる その後

先週張り芽接ぎしたSTローズは見事に失敗した。

増殖はいつも冬に張り芽接ぎや接ぎ木で行っているが、温室がないこともあって春後の成長が悪い。夏に行った場合はどうか確かめたくて実行した。かろうじてグラハムトーマスの芽が生きている。

失敗した台木に再度アイスバーグの芽を不慣れなT字接ぎではなく、慣れた張り芽接ぎを試みた。
   
夏から秋にかけて芽接ぎが可能であれば温室がなくても何とか育てられるだろう。一方で何かと便利な温室を調達できれば楽しみはさらに深まるだろう。例えば冬の芽接ぎは手が凍えて結構大変だが、暖かい温室ならば快適だろう。


限りなく白い花が次々に咲いてくれる。香りは暑さを癒やしてくれる。
アイスバーグ

comments(0)|trackback(0)|バラに魅せられて|2012-08-26_19:28|page top

失敗してもバラのスタンダードをつくる

バラのスタンダードを作りたく試行錯誤を繰り返ししている。

台木の芽接ぎの相性があうようだ。近所のS川ノイバラは芽接ぎがうまくできない。やり方に問題があるかもしれないが、挿し木台木、種から作った台木もことごとく失敗している。間違いなく相性が悪いと、泣く泣く数十本にはさみを入れた。
今回使用しているのは毎早春釣りに行くS川ノイバラだ。東日本大震災直後に芽接ぎし成功した台木である。生きの良い芽を採取できることと、台木の表皮を剥がすことができることを確認し、T字芽接ぎを行った。

成功すれば優雅な花形と強香が魅力なイングリッシュローズグラハムトーマス
グラハムトーマス

comments(0)|trackback(0)|バラに魅せられて|2012-08-19_20:10|page top

ひとめぼれのお辞儀

太平洋高気圧が弱く、ごろごろ雷が多いけれど、やっぱり暑い、夏、なつ、なつ。。。

この時期、空模様を気にせずにはいられません。一生懸命汗かいて世話した稲の受粉の季節だからです。快晴とは言えなけれど日照はそこそこ確保できてると思う。豊作に期待しよう。

畦の雑草が気になる。カメムシにも気をつけねば。。。消毒断行か。

ひとめぼれのお辞儀
ひとめぼれのお辞儀

畦に咲くムラサキツユクサ。オリンパスミラーレスカメラ、レンズ14-42mの42m端(35m換算82m)で撮影。マクロレンズ欲しい。画面いっぱいに拡大撮影できればもっと花の魅力を引き出せるのに。
ムラサキツユクサ


comments(0)|trackback(0)|米作り 野菜作り|2012-08-18_19:28|page top

バラの枝は定期的に世代交代が必要

なでしこジャパンの沢さんは現役続行。

なでしこジャパンが11日帰国、堂々の凱旋。銀メダルに貢献した沢さんは、代表引退かと思ったが三浦カズさんの助言により今後も代表入りを目指すことを宣言したが、年とは関係なく技術や体力があるならば現役続行にこだわってほしい。応援するよ。

一方で、H17年の春に植えたラマルクとアマンダパテノットの健康状態が悪い。元気のない枝は当初からの主枝でそこから新枝を数本出して花を咲かしている。7年も頑張ってくれたのだから寿命とあきらめ新しいシュートに期待し切断した。

次々に花を咲かせてくれる ラマルク 3m位まで生長する
ラマルク

魅力的な花と香り アマンダパテノット ポートランド系らしいが?
アマンダパテノット


comments(0)|trackback(0)|バラに魅せられて|2012-08-12_14:18|page top

祝!なでしこジャパン銀メダル!おめでとう

連日寝不足だ。
昨日のなでしこジャパン決勝戦、そして男子サッカー3位決定戦を早寝早起きで観戦したが、どちらもとても感動する試合で台本のないドラマに涙した。本当にお疲れ様でした。

でも、やっぱりひいきのなでしこジャパンは強かった。昨年のWカップはまぐれの優勝か?重荷を背負い、決勝戦は奇しくもWカップと同じ米国との戦いぶりは互角以上の活躍だった。ハンド疑惑に対する佐々木監督はじめ選手の大人の対応には心打たれた。
表彰式、最高の笑顔、宮間が発案した“なでしこトレイン”で入場。手をつないで上がった表彰台。1人ずつの“おじぎパフォーマンス”は大野が一度したかったとか。銀メダルをかけてくれた国際サッカー連盟のブラッター会長とはハイタッチのおまけ付き。

そして鮫島選手。ベガルタ仙台レディースで活躍を期待したい。常盤木学園高校からマリーゼに入団し、昨年の東日本大震災が起こった3月まで活動したこともあり、東北には縁のある彼女はきっと、魅力的な笑顔を見せてくれるに違いない。
プリンセスドモナコ
プリンセスドモナコ
comments(0)|trackback(0)|季節を感じる 夏|2012-08-11_20:39|page top

なでしこジャパンメダル確定

ハラハラさせるぜ、なでしこジャパン。メダル決定だ!!!

我が家のナデシコは踏まれても蹴られても、ひたむきにあきらめずに花を咲かせる。
強いぞナデシコ

蛇足ながら
この写真撮影にオリンパスミラーレスカメラE-PL2とM.ZUIKO14-42mを使用した。望遠側で撮影したがちょっとピンぼけのよう。、皆様いかがですか?晴天時のファインダー越しではなく液晶表示を信じ一か八かのシャッターでした。
comments(0)|trackback(0)|季節を感じる 夏|2012-08-07_02:50|page top

米の花が咲いた

田の畦の草刈りも一巡し、今朝は庭の草取りを行う。

ひとめぼれの花が咲いた。7/31に花を確認したと年寄りばあさんが言う。
汗をかいて米作りをしたことが清々しくなる瞬間である。

ひとめぼれの花

この時期重要なのはカメムシ対策としてしっかり草刈りをしなければならない。
カメムシは牧草地等でイネ科植物を餌として生活しているが、夏枯れで餌となるイネ科植物が無くなると他の場所に移動する。ちょうど水稲の出穂~登熟期に当り水田に餌を求めて移動してくる。飛翔能力が高く、移動距離が大きいとされていることから畦の草刈りだけでは防ぐことはできない。減反している田の草もしっかり刈り込み、住み家を取り除かなければならない。

カメムシは米にくちばしを刺し好物の汁を吸う。この刺した痕が黒い斑点となり、味は変わらないが、米の見た目を悪くし商品価値を落としてしまう害虫である。地元では「ヘクサ虫」と言われいたずらに触ったりしたら、何とも表現しがたい、まるで屁の匂いのようなものを出して、敵から身を守るのである。下手に触ってはいけない。

O地区の一画が我が家の田んぼ
P8052028_R.jpg

comments(0)|trackback(0)|米作り 野菜作り|2012-08-05_15:53|page top

引っ越してきました

Seeassブログでお世話になっていましたが、本日よりFC2ブログのお世話になります。

ブログを始めて間もないですが、バラの魅力や有機肥料を基本に減農栽培を紹介します。

大好きなジャックカルティエ(ポートランド)
ジャックカルティエ
comments(0)|trackback(0)|季節を感じる 夏|2012-08-04_14:41|page top