明日天気になあれ

バラ、オールドローズの魅力に惹かれ、釣り、自分でつくった毛ばりでヤマメと遊ぶ。 子供の頃、農作業の手伝いが大嫌いだった。今は汗をかくことに幸せを感じる。

プロフィール

Ark

Author:Ark
実家の裏山で福寿草の黄色い花が咲いていました。
昨年、日当たりの良い所に移植したことを思い出しました。

宮城県南より季節をお届けします。

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

pictlayer

小さな祠を祀っています

3カ月かけて新しい祠にすることができました。
生まれた時からそこには祠があって大きな椿がありました。
ここは遊び場。仲間と木に登ったり、秘密基地を作って遊びました。
畑の真ん中、1mほど土が盛られた場所は、専門家の話によると縄文時代の古墳とか。
お墓に神様?
まぁ、めんどうくさいことはさておき、100年前から祀っていただろう祠を新しくすることができました。
小さくも3軒で守ってきた神様。先代が造ったものは小さくとも腕の良い大工が作ったトタン葺きの立派なもの。
石の土台や柱はしっかりしていました。
10m四方の古墳ですが、
長い間、手入れが出来なくて伸び放題になった椿の枝やフジをのこぎりと鉈と鎌を駆使し古墳の景観を良くしました。

おかげさまで、コンクリート製の窮屈な祠ですが、家内安全と豊作祈願の神様を移っていただだきました。

暖冬蔵王をバックに飛び立つ白鳥 12月19日撮影
20151223-1

comments(0)|trackback(-)|米作り 野菜作り|2015-12-23_20:54|page top

春の香 梅の花が咲きました

20150325-1広角レンズも以外に表現できますね。

天気が良くて気温が上昇した日曜日。
恒例のジャガイモを植えました。

一年間食べる分だけ作るのですが、今年はジャガイモを囲むようにネギも植えました。
そう、イノシシ対策です。種から育てた10㎝程の小さい苗ですが、イノシシが嫌いという事で試みることに。
念のため、次週は防虫剤入りペットボトルを吊り下げることにしています。

果たして効果はいかに。

comments(2)|trackback(-)|米作り 野菜作り|2015-03-25_21:48|page top

招かざる客人 イノシシ対策

20150315-1今朝の釜房ダムより蔵王連峰を望む

実家では昨秋から、招きたくない客人が訪問するようになった。
礼儀知らず無断で畑や田んぼの畔、休耕田を手あたり次第に突き出た鼻でブルドーザーのごとく地表を耕していく。ご馳走のミミズを食いたいからって、主に許可を得たのか?


戦いが始まった。
効果的で、お金と手間がかからないもので田畑を守りたいと考えた。
まず、ネットを参考にイノシシの嫌いなものがをまとめた。

農作物に影響がない、つまりイノシシが無視する作物。
ねぎ、ニラ、しそ、唐辛子、ピーマン、ショウガ、ウコン、ミョウガ、ゴボウ、エゴマ、サトイモ、シュンギク、ミント、バジル
アスパラガス、山ブキ、ワラビ、ゼンマイ、クサソテツ、パセリ,ゴマ、ソバの実等

樟脳。ペットボトルに入れて防除したい箇所に吊り下げる。 

電気でビリビリ。電気柵を張り巡らし感電の痛みを学習させる。


他にもたくさんあったが、我が家にとって実用的なものを選んで対策を講ずることにした。
奴らは賢くて学習するので出来る限り複数で防御することにした。


・作物を囲むように植える。ねぎ、ニラ、しそ、唐辛子、ピーマン、シュンギク、山ブキ、ワラビ、ゼンマイ、クサソテツ、マリーゴールド、彼岸花
・ペットボトルにタンスに入れる匂いのある防虫剤を入れてぶら下げる。
・青い光が苦手らしいので工事で使用する誘導灯、ソーラー式青いLED発光があるので数か所に設置する。
・どうしてもだめだったら、お金がかかるが、ソーラー式電気ビリビリを導入する。

さて、効果はいかに・・・

comments(2)|trackback(-)|米作り 野菜作り|2015-03-15_09:09|page top

田植えが終わって一安心

猫の額ほどの田んぼですが、無事ひとめおれを植え一安心です。
”浮き根さし”を行って一株でもちゃんと植えることが出来ました。狭い田んぼの有効利用です。
20140510-1

おかげさまで足腰は筋肉痛です。メタボ対策の運動だと思えばこれも心地良いです。今晩のビールが楽しみです~

20140510-2

comments(0)|trackback(-)|米作り 野菜作り|2014-05-10_16:22|page top

田植えが終わって筋肉痛

昨日の話です。
GWの最終日、風もなく良い天気。絶好の行楽日和じゃない、農作業日和でした。
いつもお願いしている兄さんに、6条植え田植機械で一気に植えてもらいました。
  
ここからが重労働です。機械で植え損なった苗を手作業で植え直す、”浮き根さし”をしました。
日頃の運動不足の解消と、少しでも多く収穫するための一石二鳥です。

今日から仕事なのに、筋肉痛です。大丈夫?

農作業の前に立ち寄った本命の場所が・・・麦畑になっていた!減反か?
20130506-2

何とか見つけましたがちょっとね。次週リベンジします。
20130506-1

comments(14)|trackback(0)|米作り 野菜作り|2013-05-07_05:00|page top

田起こし 天気が良くいい汗かいた

昨日の話ですが、田んぼの田起こしをしました。
毎年お願いしている近所の兄さんが2回目の田起こしをしましたが、トラクターが堀残しがちな角の田起こしです。
狭い田んぼは角が大切なんです。面倒でもしっかり土を細かく砕いてあげれば、稲もしっかり根を伸ばしてくれるでしょう。
家庭菜園用のヤンマーポチが大活躍です。
今年の田んぼは大分乾燥しているためポチにとっては楽だったようで、スムーズな作業でした。

つくしを見つけました。
結構”めんこい”。これがスギナと思うと手がつけられない雑草です。抜き取ったのは言うまでもありません。
201303302-1

ホトケノザが咲いています。
201303302-2

綺麗な花なのにイヌノフグリとは何ともかわいそうな名前です。。。
201303302-3

comments(16)|trackback(0)|米作り 野菜作り|2013-03-31_05:50|page top

ジャガイモ植えた

ちょっと早いんじゃない?
○○ちゃん家で植えだがら、大丈夫だぁ。

と言うことで、我が家で人気のキタアカリを植えました。

そんなに植えてどうすんの?
ほくほくで旨いんだがら、みんなさ、くれでやっぺ。

会社の仲間に、強制的に持ち帰ってもらい、在庫をさばいたのを思い出しました。


嫌いな香り、ふきのとう。食べ物とは認めたくありません。
20130323-1

3分咲きぐらいでしょうか。やっぱり、梅の香りは良いです。
20130323-2

20130323-4

comments(8)|trackback(0)|米作り 野菜作り|2013-03-23_15:19|page top

ひとめぼれのカメムシ被害

どこからともなく、とても良い香りがする。
キンモクセイの香りは秋を教えてくれる。
(クリックで拡大画像表示します)
キンモクセイ


今年の米は猛暑にも関わらず、まあまあの出来でとりあえず満足です。

と言うのも、JA出荷の半分が二等米の評価で、理由はカメムシによる米の茶褐色でした。
昨年は猛暑による白濁色による二等米でしたが、カメムシ被害はありませんでした。今年はこれまでしなかったカメムシ防除の薬剤散布を施したのですが効果はありませんでした。残念です。
(クリックで拡大画像表示します)
カメムシはいずこに

カメムシ対策に、忌避作用がみられるハーブとしてペパーミントが良いという話を聞いたことがあります。
そこで、米の花が咲くまでに畦道にミントを茂らせよう。ミントの生命力は非常に強く、数センチ足らずの根があればすぐに芽を出し増殖するので、畦道に適当な間隔に挿し木することにしました。

comments(0)|trackback(0)|米作り 野菜作り|2012-10-07_19:10|page top

彼岸花には毒がある

子供の頃、毒があるから触ってはいけないと強く言われたことを思い出しました。

だからではないが、今日まで触ったことはなかったし、じっくり見ることもありませんでした。
でもなかなか妖艶な花なんですね。
彼岸花3

で、その毒について調べると根のところにリコリンと言う毒を含み、吐き気や下痢、時には中枢神経の麻痺を起こして死にいたることもあるそうな。何とも恐ろしい植物ですが、田んぼのあぜ道に植えることで、ネズミやモグラの穴掘りを防げるのではないでしょうか。


ネズミが作ったトンネルは水田の水を漏らしとても厄介です。補修には一つ一つトンネルを探して穴をふさがなければなりません。これが結構大変です。補修を完了したのに、あれっ水漏れしてる。ってことが。。。

アゲハチョウがミツを吸ってる。。。大丈夫?
彼岸花2 
彼岸花1

この花にはいろんな呼び方がありますね。
曼珠沙華(マンジュシャゲ)とは仏教の経典サンスクリット語で「天界に咲く花」という意味で、「おめでたい事が起こる兆しに赤い花が天から降ってくる。」とあります。

お彼岸の頃に咲くから「死人花しびとばな」「幽霊花ゆうれいばな」「地獄花じごくばな」。他に「剃刀花かみそりばな」「狐花きつねばな」「捨子花すてごばな」

彼岸花は夏に休眠する。
・お彼岸に芽を出しあっという間に50cm位に成長。真っ赤な花を咲かせる。
・1週間ほどで花や茎が枯れ、根元から葉を伸ばす。
・葉っぱのままで冬を越す。
・夏を迎える頃には葉を枯らして休眠期に入る。

comments(0)|trackback(0)|米作り 野菜作り|2012-09-29_17:08|page top

ひとめぼれの収穫

好天に恵まれ、田んぼはパンパンに乾き刈り取りは無事終了した。
今日はお願いしている農家さん家で脱穀をするので、ちょっと楽しみだ。

一夜明けた朝

いなすび

一晩乾燥し脱穀をしてもらったが昨年並みの収穫にほっとした。昨年も問題はなかったが20日の放射能検査を行い問題なければJAさんに納めることができる。心配したカメムシの被害もなさそうで本当に良かった。


稲の刈り後、残り株をいなすびと言うが、この地域だけのようだ。。。
閲覧して下さる皆様の地ではなんと言いますか?
いなすびとコスモス

comments(0)|trackback(0)|米作り 野菜作り|2012-09-17_16:05|page top

黄金色の田んぼと阿武急

まさに黄金色に輝く稲穂は、稲刈りが近いことを知らせてる。

黄金色の稲穂

この時期一番怖いのが台風だ。大雨と強風で稲が倒されてしまうと刈り取りに手こずり、ひどい時は倒れた稲から芽を出してしまい食用にならない。今のところ天気はあまり心配することはないだろう。

久しぶりに阿武隈急行を見た。

堂々の走り阿武急
なにげに時刻を調べたら間もなくこの辺を走ることから、鉄道マニアではないけれど撮影にチャレンジした。構えた場所が線路に鋭角すぎた。広角レンズで線路に直角方向で撮るべきか。

元々は丸森線として槻木~丸森間をディーゼル機関車が走った。当時は物珍しくて見物に行ったが小学6年の春だったかなぁ。
学生の頃は仙台まで通学に利用し、角田丸森地区の足としてとても便利な交通機関だった。
昭和63年、阿武隈急行線として福島~丸森間を開業し、槻木まで全線電化した。これで仙台や福島がよりいっそう近くになり、現在も阿武急の愛称で親しまれている。

自然豊かな田園風景を車窓に楽しみ、のんびり阿武急にまかせるのも良いかもしれない。



そう言えば、「阿武急」の阿武隈急行線の阿武隈についてちょっと一言。
本日、会社の健康診断がありまして、無駄な努力を承知で、1週間の禁酒から解放されました。
おかげですごく酔った勢きおいで追記。。。

阿武急と平行に走る阿武隈川はまさに福島・宮城県を流れる日本を代表する大きな川です。鉄道名の由来はよく分からないけれど、そんな所から命名されたと思います。興味があればネット等詳しいサイトがあるのでそちらを閲覧して下さい。

で、阿武隈川について。
上流は福島県最南端、白河市の隣の西郷村が最上流部です。下流に住む者として一度釣り竿持って探検したいと思っています。河口から上流へ約30kmに住む者として、そして数年前お世話になった人々を思うとすごく愛着を覚えます。
大きな大河に生息する大好きな魚類を見聞と経験から紹介しましょう。

  嫌いな魚:ブラックバス
  見栄えが悪いので単純に嫌いな魚:ニゴイ、オオゲ(これは方言、正式にはマルタ。。。在来種なのに)
  どちらでもよい魚:鯉、ヘラブナ、ボラ、ナマズ、雷魚、ソウギョ
  好きな魚:スズキ、鮭
  大好きな魚:サクラマス(姿はまだ見ていないyo)

comments(0)|trackback(0)|米作り 野菜作り|2012-09-09_15:13|page top

ひとめぼれのお辞儀

太平洋高気圧が弱く、ごろごろ雷が多いけれど、やっぱり暑い、夏、なつ、なつ。。。

この時期、空模様を気にせずにはいられません。一生懸命汗かいて世話した稲の受粉の季節だからです。快晴とは言えなけれど日照はそこそこ確保できてると思う。豊作に期待しよう。

畦の雑草が気になる。カメムシにも気をつけねば。。。消毒断行か。

ひとめぼれのお辞儀
ひとめぼれのお辞儀

畦に咲くムラサキツユクサ。オリンパスミラーレスカメラ、レンズ14-42mの42m端(35m換算82m)で撮影。マクロレンズ欲しい。画面いっぱいに拡大撮影できればもっと花の魅力を引き出せるのに。
ムラサキツユクサ


comments(0)|trackback(0)|米作り 野菜作り|2012-08-18_19:28|page top