明日天気になあれ

バラ、オールドローズの魅力に惹かれ、釣り、自分でつくった毛ばりでヤマメと遊ぶ。 子供の頃、農作業の手伝いが大嫌いだった。今は汗をかくことに幸せを感じる。

プロフィール

Ark

Author:Ark
宮城県南より季節をお届けします。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

pictlayer

17フィートが風を切り

久しぶりに釣りネタです。

GWの4日、大好きな山形の某川でフライフィッシングを楽しんだ。
狙うはサクラマス。思えば15年感触を味わっていないことに気が付き、この日は朝2時の起床も苦にならず。

タックルはClanスぺイロッド17fとHardyマーキスサーモンⅡのセッティング。大好きなフライはローズマリーとブラックフェアリーチューブフライ。日本にフライフィッシングを普及させたサワダさんのパターンだ。

20150509-1

第一投と決めている大好きなポイントへウェーディングした。連休で県外ナンバーの車が多かったがさすがにこのポイントには誰も入らない。期待できるぞと心臓の高鳴りを抑えつつ、タバコを一服した頃を思い出す。
慎重かつ丁寧に上流から下流へ1m刻みでダウンアンドアクロスで攻める。久しぶりのスぺイキャストだがすぐにタイミングが合い、距離こそ出せないがまずまずのキャスティングに満足する。
いよいよ確信のポイントにさしかかる。
さぁ来いと心で叫ぶ。
フライは無抵抗のまま流れていく。
懲りずに、またキャスティングする。
そして繰り返す。
気合が足りないのか腕が悪いのか、はたまたフライの選択ミスか、ライン選択が違うのか、アプローチが悪いのか・・・

釣果は?言わずとも写真から容易に判断できるよね。
サクラマスは簡単に釣れない釣りと心得ているがやっぱり悔しい。愚痴とも反省ともわからぬ自問自答を繰り返し、むなしく帰路に就く。
これがいつものパターンなのである。

20150509-2

comments(0)|trackback(-)|Fishing|2015-05-09_00:17|page top

新緑の渓

山々の若葉を見ると血が騒ぎます。GW最終日久しぶりの某渓流に行ってきました。
姫との記念撮影はありませんが・・・
            
            滝と言うには5mほどの落ち込みがあって、水深浅く、この時期は魚はいませんね・・・
20140507-1

生憎の曇り空でしたが、遠く雪を抱く蔵王連峰の何とか山です。
20140507-2

白い花と薄紫の花。あちらこちらに大株となって咲いていました。
20140507-3
20140507-4
ROD:Fether whiet perfection 8.6f 1927  REEL:Perfect 3 1/8" 1912check

余計なことですが、釣りは食べるために魚を捕るのが自然の姿でしょうが、ゲームと割り切っているためキャッチ&リリースを心がけています。食品衛生法に基づく放射性物質の規制値は昨年に比べ大分下がりました。しかし県公表の内水面における出荷制限や採捕自粛等の状況出荷制限等に留意して下さい。

comments(0)|trackback(-)|Fishing|2014-05-07_00:01|page top

カーティス・クリーク

今年初のサクラマス狙いです。
農作業と時期が重なりここ数年ほとんど出来ていませんでした。今日は思い切っての釣行でしたが、朝3時起床はとても目覚めが良くて、間もなく新月を迎える下弦の月と金星を眺め快適なドライブとなりました。

大分ブランクがあって流れがすっかり変化し、ポイントを探す一日となってしまいました。なかなか釣れないサクラマスですから暢気の攻めなければなりません。まぁしょうがないですね。またのチャレンジです。

20140427-1

カメラと釣り竿を一緒に持つと集中力が鈍るので、遠く雪を抱く月山とやっと芽吹いた木の写真のみです。


僕のバイブルである1979年発行の「フライフィッシング教書」より

『カーティス・クリークは文字通りには ”カーティス(男の子の名前)の川”ということ。そして、これはいつもこっそりと釣りに行く川という意味。カーティス・クリーク、それは、冷たい流れにマスが泳ぐ、喜びに満ちたどこまでもつづく川の広がり・・・ 、誰にも教えない秘密の川、心の川。』

comments(8)|trackback(-)|Fishing|2014-04-27_17:23|page top