明日天気になあれ

2020 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

復興途上 福島県松川浦漁港

2015/02/25(Wed) 00:01
東日本大震災の発生から間もなく5年目を迎えます。
しばらく、近くの”復興状況”をお届けします。


ここは福島県相馬市松川浦の様子です。
カレイの水揚げ、海苔やわかめ、あさり養殖で活気ある漁港です。
たくさんの漁船が整然と接岸していました。岸壁をはじめ町の道路や下水等インフラの復興には時間がかかりそうですが、休日返上で急ピッチで工事を進めていました。

小学校に入る前の話。
父と釣りをした防波堤は跡形もなくなっていました。水が澄み、ハゼ?が面白いように釣ったっけ・・・釣りに飽き、潮干狩に夢中になったなぁ。
20150225-1

相馬発電所の煙は震災前の煙のようです。
壊れた岸壁で釣りをしていました。
たくさんの民宿があって、観光客には新鮮な魚介類のおもてなし。釣りキチは海苔棚に手漕ぎの舟を結びカレーやアイナメ釣り。太平洋に向かって遠投すればスズキやイシモチが釣れる一年中遊べる大好きな場所です。

20150225-2
がんばろう!東北 コメント:2 トラックバック:-

防潮堤とオリオン座

2014/10/25(Sat) 01:27
オリオン座が見える時期になりました。

まだまだ秋を楽しまなければなりませんが、冬を代表する星座、オリオン座と冬の大三角を観察できました。

TP7.2の高さで建設された防潮堤は、守護神として我々を日夜守り続けていました。

20141025-1
がんばろう!東北 コメント:0 トラックバック:-

阿武隈川河口

2014/08/06(Wed) 00:03
阿武隈川河口左岸側から海水浴で賑わった荒浜海水浴場が見えます。
小さな砂浜でしたがこの時期は元気な子供らの声で賑わっていたんですよ~

釣れた?スズキ、イシモチ、黒鯛。夢中になった時期がありましたね。
20140806-3

白く眩しいコンクリートの防潮堤が頼もしいです。
20140806-1

潮風に強い黒松を植えました。
どこまでも黒松の防風林が続いていました。電信柱よりもはるかに太い松林が農作物を守ってくれました。
20140806-2
がんばろう!東北 コメント:0 トラックバック:-

防潮堤の高さはTP7.2m

2014/08/02(Sat) 11:25
仙台空港の近く、仙台湾に新たに建設された防潮堤です。

先の震災で甚大な被害を受け根こそぎ破壊されました。しかしご覧の通り、津波に強い形状で我々の生活を守ってくれる防潮堤です。堤防頂上の高さはTP7.2m=東京湾平均海面から7.2mの高さです。
それまでの堤防はそそり立つような急勾配の形状だったと記憶しています。しかし勾配がゆるやかで楽に登ることが出来ます。そして幅を持たせたどっしり型は何とも頼もしいです。詳しくは、海岸堤防の構造(国交省仙台河川国道事務所)。
20140802-1

20140802-2

20140802-3
がんばろう!東北 コメント:2 トラックバック:-

一歩ずつ

2014/03/12(Wed) 00:00
貞山堀

江戸時代、伊達政宗候が普請した運河です。南は阿武隈川から名取川を経て松島湾をくぐり旧北上川へ続く50Kmにもおよぶ運河です。米や生活物資などを運ぶ重要な水路は仙台藩の繁栄に一役買ったに違いありません。

仙台湾は下弦の月のような地形ですが、その弧をなぞるように貞山堀と黒松の防風林が何キロも続き、夏には海水浴で賑わうきれいな砂浜がありました。

20140309-4

20140309-3

午後2時46分、被害に遭われた方へ黙祷を捧げながら、復興に携わる者としてこれからも精進することを誓いました。

20140309-1


仙台市 杜の都 緑の名所100選/貞山運河  小舟が浮かぶのどかな情景がありました。
来年は復興が確実に進んでいるという写真をお届けしたい。そして絶対に忘れてはいけない事実をこれからも微力ながら伝えていきたいと思います。
がんばろう!東北 コメント:0 トラックバック:-

明かりが灯り、いちご農園

2014/03/09(Sun) 07:06
いちご農園に明かりが灯りました。

四方山から見下ろすと、いくつものハウスが連なり夕闇に浮かび上がりました。
照明がおいしいイチゴを育てるんですね。

少し先は太平洋です。建物や防風林もすっかりなくなった更地が続いています。
暗闇はそんな傷跡を隠してくれました。

20140309-1
がんばろう!東北 コメント:2 トラックバック:-

イチゴ農園

2014/03/08(Sat) 00:02
真新しい温室の扉を開けると、あま~い香りがして思わず顔がほころんでしまいました。
ここは山元町のイチゴ農園です。

仙台イチゴのブランドで人気の商品を毎年生産をしていました。
しかし、海から2Kmほど内陸寄りですが、この地も浸水し多くの被害を受けてしまいました。
それから、国の補助を受け次々にイチゴハウスが建設されています。
20140308-120140308-2
20140308-420140308-3

雨模様の生憎の天気でしたが、小さなお子様連れの家族がイチゴ狩りを楽しんでいました。

えっ、写っていないよ。
そうなんです、我が家の家訓に女性子供にレンズを向けてはならぬと定められてて~単なる苦手なだけです。
とにかくイチゴはあまくて絞りもあまくって~

20140308-720140308-6

がんばろう!東北 コメント:4 トラックバック:-

何もなかったように

2014/03/05(Wed) 00:02
仙台近郊の海
どこにでもありそうな砂浜で、急ぎ足の女性サーファー

20140305-1

あの時は、悲しみや苦しみに打ちのめされ途方に暮れた
しかし、時間と共に笑顔が戻り、何もなかったように
春はまだ先なのに、ウェットスーツに身を包み波と戯れる

20140305-2
がんばろう!東北 コメント:2 トラックバック:-

忘れられないこと

2014/03/02(Sun) 00:01
20140302-1

どうしても思い出してしまいます。何のこと?って問いかけられても、五感が記憶していて季節や寒さが緩む気温の変化、もちろん3月11日と言う日が東日本大震災のことを否応なしに脳裏に浮かんできます。

もう3年が経とうとしていますが、今回紹介するのは江戸時代の記録、1611年の慶長津波の記録が残っています。
写真は仙台市街地から東へ、陸上自衛隊霞目飛行場付近にある小さな浪分神社です。

400年前の江戸初期、東北地方の太平洋沿岸を津波が襲い大きな被害がありました。
ここまで津波が押し寄せ、その付近で津波が二つに分かれ、その後、水が引いた場所だと言い伝えがあります。
慶長16年10月28日、津波による被害は千人を超え、牛馬も溺死したと記録されています。
国交省発行「忘れない」より引用
がんばろう!東北 コメント:1 トラックバック:-

津波に負げねぞ、そば畑 山元町

2013/09/15(Sun) 08:33
宮城県山元町のそば畑を紹介します。

東日本大震災の津波被害を受け、2年半が過ぎました。荒れはてた畑は復活、そばの花が見頃です。
塩害により今までのように作物を作ることが出来なくなりました。
町の農業生産組合「チームひまわり」が農地の除塩のモデルケースとしてそばの試験栽培しています。
広さは2へクタールだそうです。おいしいそばが出来ると良いですね。(9/14撮影)
20130915-1


大型台風18号が接近中です。被害のないことを祈ります。
がんばろう!東北 コメント:8 トラックバック:0

打ち上げ花火、塩竈みなと祭りの前夜祭

2013/07/17(Wed) 04:35
7月14日は塩竈みなと祭りの前夜祭があって、花火が打ち上げられました。

日本三景で有名な松島に隣接する市ですが、”しおがま”は漢字で書くと難しい釜が正式です。

2011年の花火大会は震災の影響により中止しましたが、今年も復興のシンボルとして開催されました。
2日目は、海の安全と大漁を祈願し、みこしを載せた2隻の御座船が、お供の船約100隻を従え、松島湾内を巡りました。(今回は都合により見ることはできませんでした。)



混雑が苦手なので、遠くからの鑑賞です。
時折小雨が降る生憎の天気でしたが、遠く響き渡る音と鮮やかな光を楽しみました。
20130717-2
20130717-1
20130717-3
20130717-5
20130717-4

撮影初体験は良い勉強になりました。良い出来ではありませんがアップします。
目指した高台のポイントは一時間前に着いたのに、既に立派な三脚の林になっていました~
がんばろう!東北 コメント:2 トラックバック:0

簗川道路は若葉がきれいでした

2013/05/25(Sat) 10:40
出張で岩手県宮古市へ行ってきました。
仕事の合間、復興を感じるものを撮ることが出来ましたので紹介します。


ここは宮古の南、山田湾です。たくさんの黄色い浮きが並んでいました。
カキやホタテの養殖が復活したんですね。

20130525-1


この3月に開通した宮古盛岡横断道路の一部「簗川(やながわ)道路」です。
盛岡と宮古を結ぶ国道107号は復興道路としてバイパス整備しています。

現道は幅員が狭く線形が悪い上、落石などがあり、冬道は雪と凍結で結構怖い道路です。
整備することで物流や観光、救急医療へ効果が期待出来ますね。
景色がとても良いところで大好きな道路です。

20130525-2

軽トラはこのブログとは全く関係ありません~

夕べも泊まってしまい朝帰りです。ウゥ あたまが いた!
がんばろう!東北 コメント:4 トラックバック:0
Next Home  Prev

プロフィール

Ark

Author:Ark
宮城県南より季節をお届けします。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

リンク

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

pictlayer