明日天気になあれ

バラ、オールドローズの魅力に惹かれ、釣り、自分でつくった毛ばりでヤマメと遊ぶ。 子供の頃、農作業の手伝いが大嫌いだった。今は汗をかくことに幸せを感じる。

プロフィール

Ark

Author:Ark
実家の裏山で福寿草の黄色い花が咲いていました。
昨年、日当たりの良い所に移植したことを思い出しました。

宮城県南より季節をお届けします。

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

pictlayer

様々な秋模様

続きです。

どうだんの森へは林道を歩きます。
前回もお話ししましたが山全体の燃える紅葉が期待できないため、木々の秋を探してみました。
光が葉っぱを照らし、殺風景な森の中でひときわ輝いていました。

20161029-1

ためらいましたが、記録として掲載。
冬の写真ではありません。強風が赤や黄色の葉っぱをもぎ取ってしまいました。
わずかに残った枯れ葉たちは何をか言わん。

20161029-2
~いやぁ、しゃべるわげねぇべ。ただ、11月だがらゆぎふってもおがすくねぇべ~

comments(0)|trackback(-)|季節を感じる 秋|2016-10-29_00:01|page top

南蔵王ドウダンの森

秋は被写体が豊富で自ずと投稿も多くなります。10月22日は一人自由に野山を遊んできました。
ここは南蔵王の山裾に位置する「水芭蕉の森」「どうだんの森」は春にはそれぞれの花が多くの行楽者を楽しませてくれます。
落葉樹の山・・・
真っ赤に色ずんだドウダンの紅葉を期待しましたが、先日の強風で赤や黄の葉はもとより、これから色ずく葉までもがちぎられて無残な姿になっていました。残念です~
しかし、めげずに探したサラサドウダンの写真を紹介します。
20161026-1
20161026-2
20161026-3

comments(2)|trackback(-)|季節を感じる 秋|2016-10-26_00:05|page top

蔵王、朝日に照らされて

10月16日の写真です。
休日なのに早起きするんです。いや、勝手に目が覚めてしまうんです。
この日もそうでした。
新聞を取りに外のポストへ。あくびをしながら空を見上げると雲一つない快晴。
新聞と眠気はどこかに置いて、急ぎ車を走らせました。

既に中腹まで紅葉が進んでいるようで、朝日に照らされた蔵王を見ることができました。

20161022-1
20161022-2

comments(2)|trackback(-)|季節を感じる 秋|2016-10-22_00:10|page top

栗駒山 須川湖

続きです。
須川温泉からすぐ近くには、こじんまりと須川湖があります。実はドライブの目的の場所でした。
穏やかな行楽日和、ドライブには最高の日、場所柄、岩手、秋田、宮城ナンバーの車が往来していました。
20161019-1
20161019-2

R398号湯浜峠からちらっと栗駒山。
20161019-3

comments(2)|trackback(-)|季節を感じる 秋|2016-10-19_00:00|page top

栗駒山 須川温泉の紅葉

絶好の紅葉日和。
岩手県側栗駒山にドライブを楽しんできました。

一関ICからR342を西へ祭畤温泉、真湯温泉付近の緑の山々をよそにひたすら目的地へ向かいました。
ご覧の通り、やっと紅葉を満喫することができ、先週のリベンジを果たせました。


遠く、いや小さく秋田山形県にそびえる、初冠雪の鳥海山を見ることができました。
20161016-2

ところで、ラジオで言ってたんですが「紅葉狩り」ってどんな意味があるのでしょうね。
「かり」とつくものは?いちご狩りに稲刈り・・・狩猟に出かけるのではないのに、野山に分け入り草木と戯れる~
空とのグラデーションは日本海でしょうか?方角はあっています。
20161016-2

20161016-1

comments(2)|trackback(-)|季節を感じる 秋|2016-10-16_21:55|page top

十五夜の日に

今夜は十五夜。
夕まずめ、ほぼ真東に立派な満月が昇りました。

友達夫婦とおいしい魚料理をいただき、
我ら夫婦の還暦祝いと定年退職祝いをしていただきました。

新鮮な魚や酒に酔い、子供や孫の事、年金や病気の事などとりとめのない話に笑い、やっぱりお金がないと。
でも健康で体が動けるうちに旅行など思いっきり楽しまなければならないね。
これが一番大事かな。
20161015-1
20161015-2

comments(0)|trackback(-)|季節を感じる 秋|2016-10-15_22:17|page top

まだ早かった五色沼の紅葉

「3連休の最終日は晴れ時々曇り」。天気予報を信じ、裏磐梯、毘沙門沼、通称五色沼に行ってきました。
残念ながらご覧の通り、紅葉は1週間ほど早かったようです。
不満な写真ですが、情報という事で掲載します。

磐梯吾妻レークライン、磐梯吾妻スカイラインとドライブを楽しめたのは良かったのですが、赤や黄色の色づいた山々に似合うのは青空と白い雲と決めていたため、1枚も写真は撮れずじまいでした、残念。
帰りの車の中、次週の休みが晴れならばリベンジするぞと呟きました。

エメラルドグリーンやコバルトブルーに輝く写真とはいきませんでしたが、多くの観光客で賑わっていました。
20161010-1
20161010-2

磐梯山の裏側、かろうじて姿を見せてくれました。
20161010-3

comments(4)|trackback(-)|季節を感じる 秋|2016-10-10_18:48|page top

注目の長沼ボート場

2020年東京オリンピックに関するニュースが連日TV等で流れます。そうなんです、予定地のボート会場の不具合から急浮上した宮城県北部登米市の長沼ボート場。
ガンや白鳥の飛来地である伊豆沼、内沼、そして長沼。長沼はどちらかと言うと湖面いっぱいに咲くハスが有名でしょうか。
小池知事が現地視察するそうですが、是非とも開催してほしいと願います。
     <宮城県HPより>
       全国選手権や国際大会も開催可能な「長沼ボート場」として整備しました。
       ボートコースは日本ボート協会A級コースとして認定されています。

練習を終えたようです。もう少し早ければレースを見ることができたかもしれません。
20161008-2


隣接する長沼フートピア公園キャンプ場にはツーリングのバイク仲間や家族連れで賑わっていました。
20161008-3
20161008-3

comments(0)|trackback(-)|季節を感じる 秋|2016-10-08_09:02|page top

キラキラ秋旨丼を食べに行こう。

昨夜は会社の送別会あって、今朝の目覚めはよろしくない。
それに引きかえ珍しく秋晴れ。
何しようか。どこ行く?紅葉はまだ早いようだし・・・と、テレビを眺め、ぼやっとするのももったいない。
そうだ、南三陸町さんさん商店街、キラキラ秋旨丼を食べに行こう。

相変わらず賑わう豊楽食堂。いつも元気なひろしとおばあちゃん。
マグロや名物のたこなどをのせた海鮮丼に大サービスの醤油ベースの焼きそば。2時間半かけて着たかいがありました。

三陸自動車道 三滝堂IC近く棒がけ
20161001-1
20161001-2

comments(4)|trackback(-)|季節を感じる 秋|2016-10-01_19:33|page top

今年も豊作と聞く

夕方のニュースでコメの出来具合につにて云々。
豪雨や強風にも負けず、刈り取りも10日ほど遅れているにもかかわらず今年も豊作です!

地域格差はあると思いますが、我が家の「ひとめぼれ」も一等米&豊作であれと期待してしまいました。

久しぶりに眩しい太陽。
日向の彼岸花もきれいだ。
20160924-1
20160924-2
20160924-3

comments(0)|trackback(-)|季節を感じる 秋|2016-09-24_20:10|page top

雨の中、彼岸花

秋分の日、生憎の雨模様でした。
そろそろ彼岸花が咲く頃だろうと近くの神社に行ってきました。
昨年はアゲハチョウと遊びましたが、さすがに雨の中では相手にしてもらえませんでした。

還暦を迎えるに当たり、「明日天気になあれ」を運営するオガル^^ですが、改名することにしました。
節目の年ということで気分を一新したいと考えました。
ちなみに「オガル」とは地元方言で「成長する」、「大きくなる」と言う意味です。年も年だけにこれ以上成長はあり得ませんね。
これからは新しい名前「Ark」が身近な四季をお伝えします。

20160922-1
20160922-2
20160922-3

続きを読む

comments(2)|trackback(-)|季節を感じる 秋|2016-09-22_17:12|page top

待ち焦がれる青空

リハビリを兼ねてやりたいことを計画していましたが、思うように実行できませんでした。体の具合もありましたが、何といっても週替わりの台風と秋雨前線活動により曇天と雨模様。皆様は欲求不満はありませんでしたか?

延べ40日休みましたが20日より会社復帰します。
早々に還暦祝いが待っているようです~どんな祝いか楽しみです。

 うっぷん晴らしとして書き記す~
  1.東京神奈川方面ぶらり旅・・・体が拒絶したため断念。当然の事と納得。
  2.じっくり毛ばりを巻いて渓流釣り・・・これも体が拒絶しフライタイイングすら気を失せる。
  3.田んぼの土留補強・・・これも体が拒絶。
  4.撮影・・・体力は問題なくも、天候不良によりできなかった。
    1)蔵王 夏最後の天の川
    2)松島 中秋の名月その前後
    3)太平洋 夏の雲と防潮堤
20160917-1

comments(6)|trackback(-)|季節を感じる 秋|2016-09-17_19:48|page top