明日天気になあれ

2020 / 07
06≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫08

海の日、相馬港

2017/07/17(Mon) 14:59
朝から気温が上昇した海の日。
漁船が接岸し漁はないのだとわかる。何が釣れるのか、岸壁では家族連れが釣りを楽しんでいました。
松川浦大橋は今年の4月、6年ぶりで利用できるようになりました。この先、太平洋を一望できる道路へつながります。ドライブコースとして親しまれ、再開が望まれます。
20170717-1
季節を感じる 夏 コメント:0 トラックバック:-

なんにも言えねぇ、ねむの花

2017/07/15(Sat) 00:10
可憐なピンクの花を付けた、ねむの木。
農道の橋を渡ると、その木は誇らしげに輝いていました。
誰からも注目されないねむの木ですが、この時だけは主役でした。
20170708-1
季節を感じる 夏 コメント:2 トラックバック:-

サーフフィッシング

2017/07/09(Sun) 08:04
日本列島、北と南では天気が全く違うようです。梅雨前線の南側は九州豪雨、こちら北日本は猛暑続きです。
熱中症対策といち早い復旧復興を祈ります。

さて今朝の太平洋は釣り人が黙々とルアーをキャストしていました。この季節はスズキ、ヒラメが釣れるんですよね。
カメラを置いてロッドを握りたくなりましたが、ルアーロッドは処分してしまったしなぁ。
フライで攻めようかと思案しながら日の出を楽しみました。
20170709-1
季節を感じる 夏 コメント:1 トラックバック:-

再会、ネジバナ

2017/07/05(Wed) 20:04
今年も大好きな花が咲きました。
ピンクのちいさな花がらせん状に連なります。
梅雨の晴れ間、ほんの少しだけ爽やかにしてくれる可憐な花が好きだ。
20170706-1

涼しさをお届けしたくて、ちょっといじってみました。
20170706-3

20170706-2
季節を感じる 夏 コメント:1 トラックバック:-

星降る夜の恋

2017/07/01(Sat) 16:21
今日から7月です。
連日雨の予報が出ていますが、太陽は顔を出してくれないのでしょうか。

6月28日の夜、時刻は間もなく8時。
まるで自分の輝きが綺麗だぞと言わんばかりに、1匹ずつの登場です。
たくさんのホタルたちの美の競演を想定していたのに寂しくなってしまいました。
別の場所の話ですが、昨年よりも9日遅いとおじちゃんの話がありました。もう一度チャレンジしようかな。

10秒×135枚 比較明コンポジットしました。
20170701-1
季節を感じる 夏 コメント:0 トラックバック:-

ホタルの落書き

2017/06/28(Wed) 00:06
用水路には数匹のホタルが飛び交っていました。
蚊の攻撃音と食用ガエル(ウシガエル)のブオー、ブオー、鳴き声が響きます。
長く光ってくれた2枚を比較明コンポジットしました。
20170628-1
季節を感じる 夏 コメント:0 トラックバック:-

ホタルの観賞会

2017/06/24(Sat) 07:23
あっ!光った!こっち、こっと!飛んできたよぉ!
子供たちの歓喜の声が心地よく響きました。

しばし撮影を止めてゲンジボタルに見入ってしまいました。

20170624-1
季節を感じる 夏 コメント:0 トラックバック:-

蔵王のお花畑Ⅱ

2017/06/21(Wed) 06:17
霧が晴れ青空が現れました。
蔵王の御田ノ神湿原より
20170619-2
季節を感じる 夏 コメント:0 トラックバック:-

蔵王のお花畑

2017/06/19(Mon) 21:22
チングルマが見ごろでした。
残雪もあって今年は遅い開花なんですね。
昨年6/11に遊びに来ましたが、ワタスゲの耳かき棒しか見ることができませんでした。
6/17 蔵王の御田ノ神湿原より
20170619-1
季節を感じる 夏 コメント:0 トラックバック:-

おしゃべり

2017/06/18(Sun) 07:02
若者たちが何かおしゃべり中です。
NHK朝ドラをイメージしてみました。
みね子ちゃん可愛いですね。
20170618-1
季節を感じる 夏 コメント:1 トラックバック:-

ないしょのはなし

2017/06/17(Sat) 00:10
いつもの悪い癖、妄想Arkです。

雨上がりの池には睡蓮が咲いていました。

20170617-1
季節を感じる 夏 コメント:0 トラックバック:-

初夏のジオラマ

2017/06/14(Wed) 00:10
蔵王の雄姿を遮る青麻山をいつか登ってみようと計画していました。
という事で、突然の決行となりました。
透き通る眺望ではありませんでしたが、太平洋に注ぐ阿武隈川や我が町、そして蔵王町の田園を楽しむことができました。
条件が良ければ、牡鹿半島を見ることができると年配のおばちゃんのお話。
標高799mなのに、でも、
約50分の行程ではあるけれど、2度ほど迫った約30度の斜度に、もういいや~

20170614-1

電波塔がスタート地点です。見つけましたか?ピンボケですが・・・そこから登って来ました。はぁ~
20170614-2
季節を感じる 夏 コメント:4 トラックバック:-
Next Home  Prev

プロフィール

Ark

Author:Ark
宮城県南より季節をお届けします。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

リンク

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

pictlayer