明日天気になあれ

バラ、オールドローズの魅力に惹かれ、釣り、自分でつくった毛ばりでヤマメと遊ぶ。 子供の頃、農作業の手伝いが大嫌いだった。今は汗をかくことに幸せを感じる。

プロフィール

Ark

Author:Ark
宮城県南より季節をお届けします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

pictlayer

ホタルの観賞会

あっ!光った!こっち、こっと!飛んできたよぉ!
子供たちの歓喜の声が心地よく響きました。

しばし撮影を止めてゲンジボタルに見入ってしまいました。

20170624-1

comments(0)|trackback(-)|季節を感じる 夏|2017-06-24_07:23|page top

蔵王のお花畑Ⅱ

霧が晴れ青空が現れました。
蔵王の御田ノ神湿原より
20170619-2

comments(0)|trackback(-)|季節を感じる 夏|2017-06-21_06:17|page top

蔵王のお花畑

チングルマが見ごろでした。
残雪もあって今年は遅い開花なんですね。
昨年6/11に遊びに来ましたが、ワタスゲの耳かき棒しか見ることができませんでした。
6/17 蔵王の御田ノ神湿原より
20170619-1

comments(0)|trackback(-)|季節を感じる 夏|2017-06-19_21:22|page top

おしゃべり

若者たちが何かおしゃべり中です。
NHK朝ドラをイメージしてみました。
みね子ちゃん可愛いですね。
20170618-1

comments(1)|trackback(-)|季節を感じる 夏|2017-06-18_07:02|page top

ないしょのはなし

いつもの悪い癖、妄想Arkです。

雨上がりの池には睡蓮が咲いていました。

20170617-1

comments(0)|trackback(-)|季節を感じる 夏|2017-06-17_00:10|page top

初夏のジオラマ

蔵王の雄姿を遮る青麻山をいつか登ってみようと計画していました。
という事で、突然の決行となりました。
透き通る眺望ではありませんでしたが、太平洋に注ぐ阿武隈川や我が町、そして蔵王町の田園を楽しむことができました。
条件が良ければ、牡鹿半島を見ることができると年配のおばちゃんのお話。
標高799mなのに、でも、
約50分の行程ではあるけれど、2度ほど迫った約30度の斜度に、もういいや~

20170614-1

電波塔がスタート地点です。見つけましたか?ピンボケですが・・・そこから登って来ました。はぁ~
20170614-2

comments(2)|trackback(-)|季節を感じる 夏|2017-06-14_00:10|page top

山遊び

新緑のブナ林を登ったり歩いたりと脂肪燃焼兼ねて遊んでみました。

時々レンズを通して見上げてみました。
モミジたちが小さな手を広げていました。
20170610-2

不思議なみちです。しばらく上るとクマザサの群生で行き止まりに。
けものみちなんでしょうか?
20170610-1

comments(0)|trackback(-)|季節を感じる 夏|2017-06-10_18:40|page top

初夏のキラキラ常磐線

強風が稲の苗を揺らしていました。
苗はしっかり根を張りすくすく成長していました。
常磐線新地駅付近から。
20170603-1

comments(1)|trackback(-)|季節を感じる 夏|2017-06-03_16:44|page top

カエルの合唱の田んぼ

三日月が蔵王連峰に隠れようとしていました。
レンズを通すと肉眼では見ることのできない世界を映し出ます、不思議ですね。

三脚の周りにはカエルの合唱が、時には激しく、時には静寂が心地よく響き渡りました。

20170531-1

20170531-2

comments(0)|trackback(-)|季節を感じる 春|2017-05-31_00:10|page top

真新しいコンクリート高架橋

東日本大震災で被災したJR常磐線が再開し最初の田植えの頃です。
津波被害を教訓に内陸に線路を移設しましたが、田園を走る高架橋へと生まれ変わりました。

20170527-2

20170527-1

comments(2)|trackback(-)|季節を感じる 春|2017-05-27_00:10|page top